コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒木古童(2代) あらき こどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒木古童(2代) あらき-こどう

1879-1935 明治-昭和時代前期の尺八奏者。
明治12年2月1日生まれ。初代荒木古童の長男。父にまなび,明治29年古童の名をつぐ。琴古(きんこ)流尺八の名人といわれ,三曲尺八界をリードしておおくの奏者をそだてた。昭和10年5月2日死去。57歳。東京出身。本名は真之助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

荒木古童(2代)

没年:明治41.1.17(1908)
生年:文政6(1823)
幕末明治期の尺八奏者。本名は半三郎。近江(滋賀県)水口藩士荒木亀三郎の3男として生まれ,幼時から尺八を好む。最初,一閑流の横田五柳に学び,次いで虚無僧となり,琴古流の尺八奏者豊田古童と巡り会ってその門人となる。師の号古童を継いだのち,さらに久松風陽に師事,普化宗廃宗(1871)にともなう混乱期には久松門下の吉田一調とともに,それまでの「法器」から「楽器」としての尺八復興に力を尽くした。箏,三味線との三曲合奏への道を開いた功績は特筆される。号を実子に譲ったのちは竹翁を名乗った。門下には上原六四郎,初代川瀬順輔,三浦琴童などがいる。

(瀬山徹)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

荒木古童(2代)の関連キーワード荒木 古童(4代目)川瀬 順輔(1代目)荒木 古童(3代目)納富 寿童(1代目)川瀬 順輔(初代)荒木 古童(初代)納富 寿童(初代)川瀬順輔(1世)荒木古童(4代)納富寿童(初代)荒木古童(3世)荒木古童(3代)川瀬順輔(初代)荒木古童(4世)荒木古童(5世)上原 六四郎山室 千代子山室千代子福田 栄香8月15日

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android