コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅季治 かん すえはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅季治 かん-すえはる

1917-1950 昭和時代後期の哲学者。
大正6年7月19日生まれ。応召先の満州(中国東北部)で敗戦をむかえ,ソ連に抑留され,収容所でロシア語の通訳をつとめる。帰国後,在外同胞引き揚げ妨害問題で国会の喚問をうけ,共産主義に共鳴するものとして糾弾され,昭和25年4月6日鉄道自殺した。32歳。北海道出身。東京文理大卒。
【格言など】死ぬときには,人類バンザイ! といいながら,死のう(遺書)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

菅季治の関連キーワード7月19日

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android