コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅季治 かん すえはる

1件 の用語解説(菅季治の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅季治 かん-すえはる

1917-1950 昭和時代後期の哲学者。
大正6年7月19日生まれ。応召先の満州(中国東北部)で敗戦をむかえ,ソ連に抑留され,収容所でロシア語の通訳をつとめる。帰国後,在外同胞引き揚げ妨害問題で国会の喚問をうけ,共産主義に共鳴するものとして糾弾され,昭和25年4月6日鉄道自殺した。32歳。北海道出身。東京文理大卒。
【格言など】死ぬときには,人類バンザイ! といいながら,死のう(遺書)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

菅季治の関連キーワードTGE-A型 軍用保護自動貨車冤罪社史現代資本主義中南米映画三菱A型文学革命米ロ関係メキシコ美術ヤロビ農法

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone