コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五教 ごきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五教
ごきょう

(1) 釈尊の一生の教説を浅より深に5種に分類したもの。中国では南北朝以来,諸経論を形式,順序,意味内容などによって体系づけることが流行した。華厳宗法蔵五教十宗天台宗の智 顗 (ちぎ) の五時八教が最も代表的なものである。そのほかにも,斉の護身寺自軌の説──因縁宗,仮名宗,不真宗,真宗,法界宗。宋の慧観法雲の説──有相教,無相教,抑揚教,同帰教,常住教。斉の劉きゅうの説──人天教,有相教,無相教,同帰教,常住教。融通念仏宗の説──人天教,小乗教,漸教,頓教,円教などがある。 (2) 儒教でいう人の遵守すべき5つの教え。五倫ともいう。『書経』に「父子親あり,君臣義あり,夫婦別あり,長幼序あり,朋友信あり」の記述がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ご‐きょう〔‐ケウ〕【五教】

儒教でいう、人の守るべき五つの教え。君臣の義、父子の親、夫婦の別、長幼の序、朋友(ほうゆう)の信の五つとする説(孟子)と、父は義、母は慈、兄は友、弟は恭、子は孝の五つとする説(春秋左氏伝)とがある。五倫。五典。五常。
釈迦(しゃか)1代の教説を、五つに分類したもの。諸説があるが、華厳(けごん)宗でいう小乗教・大乗始教・大乗終教・頓教(とんぎょう)・円教の五つが最も著名。→五時教(ごじきょう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごきょう【五教】

儒教で、人の守るべき五つの教え。五典。五常。
父の義、母の慈、兄の友、弟の恭、子の孝。
父子の間の親、君臣の間の義、夫婦の間の別、長幼の間の序、朋友の間の信。
〘仏〙 仏の教説を内容の深浅から五つに分類したもの。一般には華厳宗の小乗教・大乗始教・大乗終教・頓教・円教をいう。天台宗では五時教という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android