五教(読み)ごきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五教
ごきょう

(1) 釈尊の一生の教説を浅より深に5種に分類したもの。中国では南北朝以来,諸経論を形式,順序,意味内容などによって体系づけることが流行した。華厳宗法蔵五教十宗天台宗の智 顗 (ちぎ) の五時八教が最も代表的なものである。そのほかにも,斉の護身寺自軌の説──因縁宗,仮名宗,不真宗,真宗,法界宗。宋の慧観法雲の説──有相教,無相教,抑揚教,同帰教,常住教。斉の劉きゅうの説──人天教,有相教,無相教,同帰教,常住教。融通念仏宗の説──人天教,小乗教,漸教,頓教,円教などがある。 (2) 儒教でいう人の遵守すべき5つの教え。五倫ともいう。『書経』に「父子親あり,君臣義あり,夫婦別あり,長幼序あり,朋友信あり」の記述がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ご‐きょう〔‐ケウ〕【五教】

儒教でいう、人の守るべき五つの教え。君臣の義、父子の親、夫婦の別、長幼の序、朋友(ほうゆう)の信の五つとする説(孟子)と、父は義、母は慈、兄は友、弟は恭、子は孝の五つとする説(春秋左氏伝)とがある。五倫。五典。五常。
釈迦(しゃか)1代の教説を、五つに分類したもの。諸説があるが、華厳(けごん)宗でいう小乗教・大乗始教・大乗終教・頓教(とんぎょう)・円教の五つが最も著名。→五時教(ごじきょう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごきょう【五教】

儒教で、人の守るべき五つの教え。五典。五常。
父の義、母の慈、兄の友、弟の恭、子の孝。
父子の間の親、君臣の間の義、夫婦の間の別、長幼の間の序、朋友の間の信。
〘仏〙 仏の教説を内容の深浅から五つに分類したもの。一般には華厳宗の小乗教・大乗始教・大乗終教・頓教・円教をいう。天台宗では五時教という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ご‐きょう ‥ケウ【五教】

〘名〙
① 儒教で、人が守らなければならないとする五つの教え。「書経‐舜典」に「汝作司徒、敬敷五教、在寛」とあるのによる語で、「孟子‐滕文公上」では「父子有親、君臣有義、夫婦有別、長幼有序、朋友有信」とし、「春秋左伝‐文公一八年」では「父義、母慈、兄友、弟恭、子孝」の五つとする。→五倫五常。〔令解(718)〕〔春秋左伝‐桓公六年〕
② 仏語。釈迦が説いた一代の教説を、内容の深浅や難易の度合によって、五つに分類したもの。華厳宗の、法蔵の説がもっとも著名で、小乗教、大乗始教、大乗終教、頓教、円教の五つに分ける。→五教十宗
※選択本願念仏集(1198頃)「如華厳宗五教而摂一切仏教

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android