菱山修三(読み)ひしやましゅうぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菱山修三
ひしやましゅうぞう

[生]1909.8.28. 東京
[没]1967.8.7.
詩人。本名,本居雷章。東京外国語学校仏文科卒業。在学中から堀口大学師事して堀口編集の詩誌『オルフェオン』に寄稿,その後北川冬彦の詩誌『時間』『詩・現実』に参加,処女詩集『懸崖』 (1931) で詩壇に認められた。ほかに『荒地』 (37) ,『夢の女』 (48) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菱山修三 ひしやま-しゅうぞう

1909-1967 昭和時代の詩人。
明治42年8月28日生まれ。東京外国語学校(現東京外大)在学中から堀口大学に師事。バレリーの影響をうけ,昭和6年第1詩集「懸崖(けんがい)」を刊行。「歴程」創刊同人。「ヴァレリー全詩集」などの翻訳がある。昭和42年8月7日死去。57歳。東京出身。本名は本居(もとおり)雷章。詩集に「荒地」「望郷」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菱山修三
ひしやましゅうぞう
(1909―1967)

詩人。東京に生まれる。本名本居雷章。東京外国語学校(現東京外国語大学)仏語科卒業。外語仏語文化会の縁で堀口大学に知られ『オルフェオン』に詩を発表。また逸見猶吉(へんみゆうきち)と知り『歴程』(1935)創刊の同人となる。第一詩集『懸崖(けんがい)』(1931)は「私は遅刻する。世の中の鐘がなつてしまつたあとで、私は到着する。私は既に負傷してゐる。……」(「夜明け」)のように、内省的な批評精神を散文詩形に託したもので、八冊の詩集のほか、評論集、バレリーの翻訳などがある。[角田敏郎]
『『菱山修三全詩集』全二巻(1979・思潮社) ▽大岡信著『菱山修三』(『現代詩鑑賞講座8』所収・1969・角川書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android