コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萩原鐐太郎 はぎわら りょうたろう

2件 の用語解説(萩原鐐太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

萩原鐐太郎 はぎわら-りょうたろう

1843-1916 明治時代の実業家,政治家。
天保(てんぽう)14年7月生まれ。上野(こうずけ)碓氷郡(うすいぐん)磯部村(群馬県安中市)の養蚕農家に生まれ,27歳で名主となる。明治11年製糸組合碓氷社をつくり,18年社長。生糸の改良,製糸業の発展につくした。群馬県会議員をへて,31年衆議院議員。大正5年7月31日死去。74歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

萩原鐐太郎

没年:大正5.7.1(1916)
生年:天保14(1843)
明治大正期の群馬県政財界の実力者。上野国碓氷郡東上磯部村(安中市)の人。27歳で名主となり,以後,戸長,区長,学区取締などを歴任。明治11(1878)年,萩原音吉,萩原専平らと共に養蚕農家の協同組合化による改良座繰結社である碓氷社を創設,18年に社長となる。一方,15年には県会議員に初当選。以後10年にわたって県政界で敏腕を振るい,その間19年には碓氷郡長に就任。31年には衆議院議員に当選したが,すぐに解散したため,以後は碓氷社にあって日本蚕糸会評議員などの公職を兼ね,蚕糸業界の発展に貢献した。<参考文献>『群馬県蚕糸業沿革調査書』,佐々木潤之介他『村に生きる人びと』

(井上定幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の萩原鐐太郎の言及

【碓氷社】より

…前橋の座繰結社の活動に触発されたこの試みの成功をみて,翌79年には同様な組合が郡内にさらに12現れ,連合して碓氷精糸社(本社原市町)となった。同社は84年碓氷社と改称,翌年萩原鐐太郎が萩原音吉,同茂十郎に続いて社長となったころから急拡大をとげ,1910年に産業組合法による有限責任信用販売組合連合会碓氷社となった時には合計179組(うち県外56組),組合員数約3万という巨大結社であった。各組合員が自宅で繰糸した座繰糸は組ごとに共同揚返しのうえ本社で検査・荷造りして横浜その他へ出荷され,器械糸に劣らぬ価格で売却された。…

※「萩原鐐太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

萩原鐐太郎の関連キーワード上野三碑実力者厩橋秋山金次郎飯塚春太郎稲茂登三郎須藤嘉吉辻阪信次郎角田喜右作葉住利蔵

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone