コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落合英二 おちあいえいじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

落合英二
おちあいえいじ

[生]1898.6.26. 浦和
[没]1974.11.4. 鎌倉
薬化学者。東京大学名誉教授。日本学士院会員。財団法人乙卯研究所所長。芳香環状異項環に関する研究は,世界の薬化学界にさきがけた独創的研究として高く評価され,数々の新化合物をつくりだしたが,ことに発癌性物質として知られる化合物4-ニトロキノリン-N-オキサイドは発癌や制癌機構の研究に広く使われている。 1969年,それらの業績で文化勲章を受けた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

落合英二 おちあい-えいじ

1898-1974 大正-昭和時代の薬学者。
明治31年6月26日生まれ。東京帝大の副手となり,近藤平三郎に師事。昭和13年教授となる。アルカロイドを研究し,「芳香族複素環塩基に関する研究」で19年学士院賞。44年文化勲章。日本薬学会会頭。昭和49年11月4日死去。76歳。千葉県出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

落合英二
おちあいえいじ
(1898―1974)

薬学者。師範学校長を父に、栃木県に生まれる。東京帝国大学卒業。近藤平三郎に師事し、オオツヅラフジのアルカロイド、シノメニンの構造研究で薬学博士。ドイツ、フライブルク大学のシュタウディンガーに高分子を、ファイファーRichard F. J. Pfeiffer(1858―1945)に有機金属錯体を学んだ。東京帝国大学教授となり近藤平三郎の薬化学講座を継承した。
 アルカロイド研究に関連する芳香異項環研究により1944年(昭和19)帝国学士院賞受賞。とくにN‐オキサイドの研究は異項環化学の分野で多くの新化学反応を開発し、合成化学の面で大きく貢献した。また優れた天然物化学者でもあった。1969年(昭和44)文化勲章受章。東京大学名誉教授、学士院会員、日本薬学会頭、日本、ドイツ、アメリカ薬学会名誉会員。[根本曽代子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

落合英二の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

落合英二の関連情報