コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

董西廂 とうせいそうDong Xi-xiang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

董西廂
とうせいそう
Dong Xi-xiang

中国,金の語り物文学。董解元の作。中国では北宋末に元曲の母胎となった諸宮調という語り物が創始されたが,本編はその完全な形で残された唯一ともいうべき作品。唐の元じんの『鶯鶯 (おうおう) 伝』に基づいて,張きょうと崔鶯鶯との恋愛を描いたもの。のち,王実甫の元曲『西廂記』に発展したもので,正しくは『西廂記諸宮調』というが,元曲の『西廂記』と区別するため,通常『董西廂』と呼ばれる。作者の董解元については,金の章宗 (在位 1189~1208) のときの人という以外には,ほとんどわかっていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

董西廂【とうせいしょう】

中国,金代の董解元作の諸宮調(歌曲を伴う語り物)。2巻。諸宮調の作品として完全な形で現存する唯一のもの。唐の伝奇小説会真記》に取材し,元曲《西廂(せいしょう)記》の原本となった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうせいしょう【董西廂 Dŏng xī xiāng】

中国の語り物の一形式である〈諸宮調〉の代表的作品で,《董解元西廂記》の略称。作者の董解元は金の章宗の時(1190‐1208)の人。唐の元稹(げんしん)の伝奇小説《鶯鶯伝》を題材とし,書生の張珙と崔鶯鶯の恋愛を描くが,《鶯鶯伝》では破局におわる2人の愛情が,めでたく成就するよう話の筋が改められている。のちの元代の演劇である〈雑劇〉の代表作,王実甫の《西廂記》に大きな影響をあたえた。【金 文京

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android