コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒋士銓 しょうしせんJiang Shi-quan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蒋士銓
しょうしせん
Jiang Shi-quan

[生]雍正3(1725)
[没]乾隆50(1785)
中国,清の詩人,劇作家。江西省鉛山の人。字,心余,ちょう生。号,清容,蔵園。乾隆 22 (1757) 年進士に及第,翰林院編修となったが病気のため退官。のち紹興のしゅう山書院,杭州の崇文書院,揚州の安定書院の院長をして教育に努めた。義侠心に厚く人をよく助けたという。詩は黄庭堅を宗として七言古詩に長じ,袁枚 (えんばい) ,趙翼とともに「性霊説」を唱え (→性霊派 ) ,「乾隆三大家」と称された。真情の吐露を尊しとし,「格調派」が古人の外形的修辞声律の模倣のみに終っていると攻撃した。戯曲は雑劇,伝奇をともにつくり,詩と同様の主張で「忠孝義烈」を主題とするものが多く,当時の第一人者とされた。詩文集『忠雅堂集』,戯曲集『清容外集』 (『紅雪楼伝奇』) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蒋士銓
しょうしせん
(1725―1785)

中国、清(しん)代の詩人、劇作家。字(あざな)は心余、(ちょうせい)。号は清容、蔵園。江西の鉛山の人。1757年(乾隆22)の進士。翰林院(かんりんいん)編修を授けられた。退官後、(しゅうざん)、崇文、安定の3書院の主講を歴任した。詩は宋(そう)の黄庭堅(こうていけん)を宗とし、袁枚(えんばい)、趙翼(ちょうよく)と江左(こうさ)三大家と併称された。戯曲は明(みん)の湯顕祖(とうけんそ)の作風を学びつつ、詞章とともに曲律をも重んじ、雑劇、南曲のいずれをも制作した。戯曲詩文の大部分は『忠雅堂全集』に収めるが、『臨川夢』など9種の戯曲を収めた『蔵園九種曲』がある。[岩城秀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

蒋士銓の関連キーワード嬉野次郎左衛門ピョートル谷木因新井白石エカチェリーナクライブスカルラッティ鈴木春信近松半二十寸見河東

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone