コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

格調派 カクチョウハ

3件 の用語解説(格調派の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かくちょう‐は〔カクテウ‐〕【格調派】

中国の詩で、盛唐の詩に学んで、格(体裁)と調(声調)との調和した品格の高さを理想とした流派。清の沈徳潜(しんとくせん)が提唱し、明の李夢陽(りぼうよう)・何景明(かけいめい)・李攀竜(りはんりょう)などを正統とした。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かくちょうは【格調派】

中国、清代、沈徳潜しんとくせんが提唱して漢魏の古詩や盛唐の近体詩を尊重した一派。格調の高い雄渾な漢詩の創作を目指した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

格調派
かくちょうは

中国、清(しん)代の詩の流派。広義では明(みん)の古文辞派をも含めてよぶことがある。乾隆(けんりゅう)期(1736~95)の格調派の指導者沈徳潜(しんとくせん)は、詩歌における格すなわち体裁と、調すなわち声調とを重視する。彼は漢魏(かんぎ)・盛唐の詩を尊重し、宋元(そうげん)の詩を退け、明詩では李夢陽(りぼうよう)、何景明(かけいめい)、李攀竜(りはんりゅう)、王世貞の達成を唐詩の正統として評価した。また神韻説を主唱した王士禎(おうしてい)に対しては同情を示し、それとの融合をも試みているが、格調と学力とに根底を置いた雄渾(ゆうこん)にして高雅な詩的世界を目ざした。明の古文辞派は悲壮、雄渾、激情を求めて典拠を極度に制限する傾きがあったのに対し、清代には温柔にして学問尊重の傾きが強い。しかし、まず格調を正すことにより詩の内容を獲得しようとしている点は共通している。[佐藤一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の格調派の言及

【中国文学】より

…袁宏道(えんこうどう)(中郎)を中心とする公安派と,鍾惺(しようせい)らの竟陵(きようりよう)派とである。この論争は清朝まで尾を引く(日本では格調派と性霊派とよばれる)。しかし論者自身の実作を見ると,李夢陽は壮大な風景を歌った力づよい詩を作り,何景明の作は優美な抒情性に富み,けっして空疎ではない。…

※「格調派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

格調派の関連キーワード王翰王之渙王昌齢三体詩自由詩中唐滕王閣杜詩無韻の詩無声の詩

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone