(読み)もう

精選版 日本国語大辞典「蒙」の解説

もう【蒙】

[1] 〘名〙
道理にくらく愚かなこと。無知。また、ぼんやりしていること。
※愚迷発心集(1213頃)「屡曚を責れば涙を拭ふに暇あらず」 〔易経‐蒙卦〕
② 易の六十四卦の一つ。、上卦は(山)、下卦は坎(水・雲)。山水蒙ともいう。山の下から雲が起こってあたりを暗闇にしているさま。
[2] 〘代名〙 自称。男子がへりくだって用いる。愚生。
※太平記(14C後)一「蒙(モウ)窃採古今之変化」 〔張衡‐西京賦〕

かがほ・る【蒙】

〘他ラ四〙 (「かがふる()」の変化した語) 上位の人の命令、ことばを受ける。
※大唐三蔵玄奘法師表啓平安初期点(850頃)「尋ち下詔を蒙(カがホり)て、使翻訳を賜はりてき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「蒙」の解説

もう【蒙】[漢字項目]

人名用漢字] [音]モウ() [訓]こうむる くらい
おおう。かぶさる。こうむる。「蒙塵もうじん蒙霧
くらい。物知らずで道理がわからない。「蒙昧もうまい愚蒙訓蒙啓蒙童蒙便蒙
蒙古」の略。「満蒙

もう【×蒙】

道理をわきまえず、愚かなこと。無知なこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android