コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愚蒙 グモウ

3件 の用語解説(愚蒙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぐ‐もう【愚×蒙】

[名・形動]おろかで道理がわからないこと。また、そのさま。愚昧(ぐまい)。
「小児の隊伍に入るの分際なるを知らず、以て―に誇る者多し」〈吉岡徳明・開化本論〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

愚蒙 ぐもう

1683-1761 江戸時代中期の僧。
天和(てんな)3年生まれ。祐天の甥(おい)。陸奥(むつ)磐城(いわき)郡(福島県)の人。上総(かずさ)(千葉県)牛島にいた祐天のもとで出家し,江戸伝通院,増上寺などで浄土宗をおさめる。師の没後江戸目黒に祐天寺を建立,師を開山(かいさん)としてみずからは2世となった。宝暦11年1月2日死去。79歳。俗姓は新妻。字(あざな)は祐海。号は拈蓮社香誉信阿。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

ぐもう【愚蒙】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
おろかな・こと(さま)。愚昧ぐまい。 「狡黠なる外国人の為に-なる邦人の損失を受けんことを/明六雑誌 24

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

愚蒙の関連キーワード実聞東湖尭州寂翁関立志東為坊忍海羽賀林真了碩弄幻子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone