コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愚蒙 グモウ

デジタル大辞泉の解説

ぐ‐もう【愚×蒙】

[名・形動]おろかで道理がわからないこと。また、そのさま。愚昧(ぐまい)。
「小児の隊伍に入るの分際なるを知らず、以て―に誇る者多し」〈吉岡徳明・開化本論〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

愚蒙 ぐもう

1683-1761 江戸時代中期の僧。
天和(てんな)3年生まれ。祐天の甥(おい)。陸奥(むつ)磐城(いわき)郡(福島県)の人。上総(かずさ)(千葉県)牛島にいた祐天のもとで出家し,江戸伝通院,増上寺などで浄土宗をおさめる。師の没後江戸目黒に祐天寺を建立,師を開山(かいさん)としてみずからは2世となった。宝暦11年1月2日死去。79歳。俗姓は新妻。字(あざな)は祐海。号は拈蓮社香誉信阿。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐもう【愚蒙】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
おろかな・こと(さま)。愚昧ぐまい。 「狡黠なる外国人の為に-なる邦人の損失を受けんことを/明六雑誌 24

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

愚蒙の関連キーワード妄・孟・望・朦・毛・濛・猛・盲・網・耄・耗・蒙祐天上人愚昧邦人

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android