蒴藋(読み)そくず

精選版 日本国語大辞典「蒴藋」の解説

そく‐ず ‥ヅ【蒴藋】

〘名〙 スイカズラ科多年草。本州、四国、九州および中国の山野に生える。根茎から太い茎を直立し、高さ一~二メートル。は大形の羽状複葉で五~七個の小葉からなり対生する。小葉は長さ五~一五センチメートルの広披針形で縁に鋸歯(きょし)がある。夏、茎の先に大形の花序をつけ、白い小花を密生する。花冠は五裂し、径三~四ミリメートル。花序のところどころに黄色の杯状の腺体がある。果実は径約四ミリメートルの球形で赤く熟す。葉・根を乾燥したものは薬用としてリウマチ、打撲傷あるいは下痢どめに用いる。漢名、蒴藋。くさにわとこ。くさたず。にわたず。オランダ草。古名、そくとく。〔温故知新書(1484)〕

そく‐とく【蒴藋】

〘名〙 (「そくどく」とも) 植物「そくず(蒴藋)」の古名。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕

そく‐とう【蒴藋】

〘名〙 植物「そくず(蒴藋)」の古名。〔十巻本和名抄(934頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「蒴藋」の解説

そく‐ず〔‐ヅ〕【××藋】

スイカズラ科の多年草。北海道を除く各地の山野に生え、高さ1~1.5メートル。葉は大形の羽状複葉。夏に白い小花が多数集まって咲く。実は小粒で赤く熟す。全草を乾かして入浴剤にする。くさにわとこ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「蒴藋」の解説

蒴藋 (ソクズ・サクトウ)

学名Sambucus chinensis
植物。スイカズラ科の多年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の蒴藋の言及

【ニワトコ】より

…セイヨウニワトコS.nigra L.(英名European elder,bourtree)やアメリカニワトコS.canadensis L.(英名American elder)が植物園などで栽培され,ヨーロッパでは前種の実を発酵させワインをつくる。ソクズS.javanica Reinw.ssp.chinensisは草本で,一名クサニワトコと呼ばれ,葉や根は漢方で蒴藋(さくたく)といい,消炎に効があり,リウマチや骨折の治療に用いられる。【福岡 誠行】
[象徴]
 ニワトコ(セイヨウニワトコ)には二つの相反した象徴的意味がある。…

※「蒴藋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android