コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓑島(読み)みのしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蓑島
みのしま

福岡県北東部,行橋市北東部にあり,周防灘にのぞむ集落。かつては面積約 0.5km2の古生層から成る島で,古くから漁港として栄え,海運業も盛んであった。 1912年本土と結ぶ筑堤が建設され,54年には干拓も完成して完全に陸続きとなった。海岸ではノリの養殖などが行われ,海水浴場としてにぎわう。筑豊県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蓑島の関連情報