コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔦漆 ツタウルシ

大辞林 第三版の解説

つたうるし【蔦漆】

ウルシ科のつる性落葉木本。山地に自生。茎は樹木や岩上をはい、気根を出して固着する。葉は卵形の三小葉から成る複葉。雌雄異株。初夏、葉腋に黄緑色の小五弁花を多数つける。果実は歪球形。秋の紅葉が美しい。樹液は有毒で、かぶれる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蔦漆 (ツタウルシ)

学名:Rhus orientalis
植物。ウルシ科の落葉木質つる植物,園芸植物,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

蔦漆の関連キーワード果実葉腋自生