コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蕃坊 ばんぼうfan-fang

3件 の用語解説(蕃坊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蕃坊
ばんぼう
fan-fang

中国,唐・宋時代に外国貿易の行われた広州,泉州などに設けられた外国人 (蕃人) の居留地 (坊市) 。蕃人はペルシア人アラビア人らであった。蕃坊は城内にはなく,おもに通商に便利な城外に設けられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ばんぼう【蕃坊 fān fāng】

中国,唐・宋時代に外国貿易港であった広州,泉州などに設けられた外国人の居留区。蕃坊の語義は蕃人(外国人)の居住する坊市(市街区)の意である。この時代に大食(たいしよく)(タージ)と呼ばれるアラブ,波斯(はし)と呼ばれるペルシア人を中心とする西アジアからの人びとが,商人として海路中国の沿岸都市に多数来航し,居住する者も少なくなかった。彼らは城内で中国人に混じって居住した者もあったが,地方政府の方針によって一定の居住区に住むことが求められ,その代表的なものは泉州(福建省晋江)である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ばんぼう【蕃坊】

中国、唐宋代に広州・泉州などの外国貿易港に設けられた外国商人居留地。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の蕃坊の言及

【回族】より

…これらのアラブやペルシア人は商人として,兵士として唐に来住したが,これによってイスラムが中国に広く普及したとはみなし難い。唐代から宋代にかけてアラブ・ペルシア系の貿易商人が南方海路で広州,泉州(福建省)などの商港に来て居住し,貿易によって巨富を積み,蕃坊(ばんぼう)という外人居住区を設け,さらに中国人と結婚したり,多年在留することもあった。そのなかで,南宋末,元朝初めの泉州の蒲寿庚(ほじゆこう)というアラブ系の商人は,数代前の先祖の時代から引きつづいて南海貿易商人として活躍し,泉州の提挙市舶(外国貿易管理長官)の地位にあった人物として有名である。…

【泉州】より

…最も繁栄したのは南宋代からで,臨安行在府の杭州に近い関係より,貿易額で歴史の古い広州をしのぎ,数十万人の人口を擁していた。中国人の海外発展の一大根拠地で,アラビア人をはじめ多数の外国人のために蕃坊と称する専用の居留地が河岸に沿って設けられたのもこの時期からのことである。 元代には中国第一の南海貿易港として世界的に有名となり,マルコ・ポーロやイブン・バットゥータらが〈ザイトン〉の名で世界一繁栄している港としてその盛況を伝えている。…

※「蕃坊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone