コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蕭紅 しょうこう Xiao-hong

4件 の用語解説(蕭紅の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蕭紅
しょうこう
Xiao-hong

[生]宣統3(1911)
[没]1942
中国の女流小説家。黒竜江省呼蘭県の人。本名,張廼瑩 (ちょうだいえい) 。筆名はほかに悄吟。地主の家に生れたが家出して放浪生活を続け,蕭軍と結婚。ともに上海に出て創作を始め,処女作『生死場』 (1935) が魯迅に認められた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょう‐こう〔セウ‐〕【蕭紅】

[1911~1942]中国の女性作家。本名、張廼瑩(ちょうだいえい)。黒竜江省の生まれ。蕭軍の妻で、のちに離婚。魯迅(ろじん)に認められ、その援助によって「生死場」を刊行した。他の作品に「呼蘭河伝」など。シアオ=ホン。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょうこう【蕭紅】

1911~1942) 中国の女流小説家。本名、張廼瑩ちようだいえい。蕭軍の妻。のち離婚。作「生死の場」「呼蘭河伝」など。シアオ=ホン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蕭紅
しょうこう / シヤオホン
(1911―1942)

中国の作家。本名張廼瑩(ちょうだいえい)。筆名はほかに田(でんてい)、悄吟(しょうぎん)。黒竜江(こくりゅうこう/ヘイロンチヤン)省呼蘭(こらん/フーラン)県の地主の家に生まれ、両親の愛情に恵まれぬ孤独な少女期を送る。中学時代、ハルビンで新しい文学や思想に触れ、封建的結婚に反発して家出。放浪ののち蕭軍と結婚し、文学活動に入る。1933年、蕭軍との共著になる短編集『跋渉(ばっしょう)』が発禁となり、翌年青島(チンタオ)を経て上海(シャンハイ)に脱出。魯迅(ろじん/ルーシュン)に認められ、彼の尽力で出版された『生死場』(1935)は生死ぎりぎりの場に生きる東北農民の群像を描いた異色の抗日文学として反響をよぶ。日中戦争勃発(ぼっぱつ)後、各地を流浪するなかで蕭軍と離婚。端木(たんぼくこうりょう)と再婚し香港(ホンコン)へ行くが、2年後に病没する。『商市街』(1935)、『橋』『手』(ともに1936)、『呼蘭河伝』(1940)、『馬伯楽』(1941、未完)などの作品がある。[平石淑子]
『岡崎俊夫訳「手」(『現代中国文学全集14』所収・1955・河出書房) ▽立間祥介訳「呼蘭河の物語」(『中国の革命と文学5』所収・1972・平凡社) ▽駱賓基著、市川宏訳「蕭紅小伝」(『現代中国文学12』所収・1971・河出書房新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蕭紅の関連キーワード宣統帝Nエヌ没・歿勃・歿・没三角数633美の里n-3脂肪酸Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone