コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蕭軍 しょうぐん Xiao-jun

7件 の用語解説(蕭軍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蕭軍
しょうぐん
Xiao-jun

[生]光緒33(1907)
[没]1988.6.22. 北京
中国の小説家。遼寧省錦州の人。本名,劉三浪。筆名はほかに田軍。妻の蕭紅とともにハルビンから上海に出て魯迅に師事,満州事変後の東北における農民パルチザンを描いた長編『八月の村』 (1934) で認められた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ぐん〔セウ‐〕【蕭軍】

[1907~1988]中国の小説家。遼寧省義県の人。本名は劉鴻霖(りゅうこうりん)。蕭軍は筆名。満州事変後、ハルビンで文学活動に入り、魯迅(ろじん)に認められて「八月の村」を出版。日中戦争中は延安で活躍したが、共産党から批判を受けた。ほかに「五月の鉱山」「過去の年代」など。シアオ=チュン。

シアオ‐チュン【蕭軍】

しょうぐん(蕭軍)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

蕭軍【しょうぐん】

中国の作家。本名は劉三浪。他の筆名田軍など。東北出身で,妻の蕭紅〔1911-1942〕とともに1930年代の上海文壇に登場。《八月の郷村》で東北パルチザンの抗日・抵抗戦を東北の風土色濃く描いて反響を呼んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しょうぐん【蕭軍 Xiāo Jūn】

1907‐88
中国,現代の作家。遼寧省義県に生まれる。本名は劉三浪。家は貧しく,12歳以降は軍隊生活を送る。1934年,東北抗日聯軍の闘争を描いた長編《八月の郷村》が魯迅に認められて作家的地位を獲得。その後,《第三代》(1937),《五月の鉱山》(1954)などの長編を書いたが,革命の秩序からもはみ出す野生的人間像を追求して,特色をみせた。露骨な批判的言動がたたって,40年代半ば以降,公然たる文筆活動を妨げられてきたが,〈四人組〉追放後に自由を回復した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょうぐん【蕭軍】

1907~1988) 中国の小説家。遼寧省出身。本名は劉鴻霖りゆうこうりん。魯迅ろじんに認められ、作家活動に入る。反党的と批判されたが、のち名誉を回復。小説「八月の郷村」「五月の鉱山」「過去の年代」など。シアオ=チュン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蕭軍
しょうぐん / シヤオチュン
(1907―1988)

中国の作家。本名劉鴻霖(りゅうこうりん)。蕭軍は筆名、また三郎、田軍などとも。遼寧(りょうねい/リヤオニン)省出身。満州事変後作家生活に入り、東北の農民の抗日武装闘争を描いた中編『八月の村』の原稿をもって1934年上海(シャンハイ)に移り、魯迅(ろじん/ルーシュン)に認められ、翌年魯迅の援助を得て出版、注目を集めた。日中戦争時代延安に入り、戦勝後ハルビンで『文化報』を編集したが、反ソ・反人民的文章を掲載したとされ、48年中国共産党の批判を受けた。以後50年代に一度復活、長編『五月の鉱山』(1954)、『過去の年代』(1957)などを発表したが、前者はふたたび党の指導を誹謗(ひぼう)した反動小説と批判されるなど、反党分子として冷遇されてきたが、79年名誉回復した。畢生(ひっせい)の大作『過去の年代』は、北方の風土に根ざした野性味あふれる民衆像を得意とするこの作家の真価を発揮した代表作である。[下出鉄男]
『高畠穣訳『八月の村』(『全集・現代世界文学の発見8 アジアの目覚め』所収・1970・学芸書林) ▽武田泰淳著『黄河海に入りて流る』(1970・勁草書房) ▽竹内実著『中国・同時代の知識人』(1967・合同出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蕭軍の関連キーワード東陵駱賓基遼寧省鉄嶺沙河我ら死者とともに生まれる韓陽チャハル遼西省遼東省

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone