コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薛稷 せっしょく Xue Ji

2件 の用語解説(薛稷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薛稷
せっしょく
Xue Ji

[生]貞観19(645)/貞観23(649)
[没]先天2(713).7.
中国,初唐の書家,画家。蒲州汾陰 (山西省) の人。官は太子少保,晋国公に封じられたが,のち太平公主の企てに連座して万年県の獄で刑死。詩文,書画にすぐれ,当時の芸術界に君臨した。絵画では鶴を描くのを得意としたことから後世花鳥画の祖とされた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

薛稷【せつしょく】

中国,唐代の書家。字は嗣通。山西省の人。工部と礼部の尚書を経て太子少保に叙せられたが,のち竇懐貞(とうかいてい)の事件に連座して死を賜った。書は,虞世南(ぐせいなん),【ちょ】遂良(ちょすいりょう)を鋭意臨模して一家をなしたが,書風は【ちょ】遂良に最も近い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

薛稷の関連キーワード貞観時代弘仁貞観時代貞観の大津波惟条親王山田弘宗弘仁・貞観貞観永宝《貞観格》《貞観式》貞観美術