コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薩摩版 サツマバン

デジタル大辞泉の解説

さつま‐ばん【×薩摩版】

室町時代から江戸初期にかけて薩摩で出版された書籍。江戸末期にも若干の刊行があった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さつまばん【薩摩版】

室町時代から江戸時代にかけて,九州薩摩の島津氏のもとで開版された種々の書物。同時期の大内氏(大内版)と同じく,島津氏も明と盛んに交易をするとともに,朱子学をはじめ学問や文化に深い関心を示した。1478年(文明10)島津忠昌(1463‐1508)は桂庵玄樹を招いて桂樹院を創立したが,桂庵が81年に開版した《大学章句》は,日本における《大学》(四書の一つ)の印行の最初といわれる。同81年には《聚分韻略(しゆうぶんいんりやく)》全5巻が開版されており,薩摩版の初めとされ,国立国会図書館などに現存する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さつまばん【薩摩版】

室町時代、薩摩で開板された書籍。また、江戸末期にも若干ある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

薩摩版の関連キーワード室町時代

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android