コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬王菩薩 ヤクオウボサツ

大辞林 第三版の解説

やくおうぼさつ【薬王菩薩】

〘仏〙
二十五菩薩の一。「法華経薬王品」に説かれる菩薩。修行していた時、仏道のために両腕を焼くという捨身供養(=薬王焼臂しようひ)を行なったという。
良薬を与え、衆生しゆじようの病気を治すとされる菩薩。時に薬上菩薩とともに釈迦如来の脇侍きようじとなる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

薬王菩薩の関連キーワード薬師薬師如来

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

薬王菩薩の関連情報