薬王菩薩(読み)ヤクオウボサツ

大辞林 第三版の解説

やくおうぼさつ【薬王菩薩】

〘仏〙
二十五菩薩の一。「法華経薬王品」に説かれる菩薩。修行していた時、仏道のために両腕を焼くという捨身供養(=薬王焼臂しようひ)を行なったという。
良薬を与え、衆生しゆじようの病気を治すとされる菩薩。時に薬上菩薩とともに釈迦如来の脇侍きようじとなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android