コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬王菩薩 ヤクオウボサツ

大辞林 第三版の解説

やくおうぼさつ【薬王菩薩】

〘仏〙
二十五菩薩の一。「法華経薬王品」に説かれる菩薩。修行していた時、仏道のために両腕を焼くという捨身供養(=薬王焼臂しようひ)を行なったという。
良薬を与え、衆生しゆじようの病気を治すとされる菩薩。時に薬上菩薩とともに釈迦如来の脇侍きようじとなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

薬王菩薩の関連キーワード八大菩薩捨身供養釈迦如来薬王品十斎日仏道薬王浄蔵捨身

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android