コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬王菩薩 ヤクオウボサツ

大辞林 第三版の解説

やくおうぼさつ【薬王菩薩】

〘仏〙
二十五菩薩の一。「法華経薬王品」に説かれる菩薩。修行していた時、仏道のために両腕を焼くという捨身供養(=薬王焼臂しようひ)を行なったという。
良薬を与え、衆生しゆじようの病気を治すとされる菩薩。時に薬上菩薩とともに釈迦如来の脇侍きようじとなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

薬王菩薩の関連キーワード八大菩薩捨身供養釈迦如来薬王品十斎日浄蔵仏道薬王捨身

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android