薬王菩薩(読み)ヤクオウボサツ

  • やくおうぼさつ ヤクワウ‥
  • やくおうぼさつ〔ヤクワウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

釈迦如来の脇侍の一つ。過去に、星宿光長者と称した時、大乗を聞いて、妙薬によって民衆の心身の病を治療しようという大願を起こした菩薩で、薬上菩薩はその弟。ともに未来世には仏となると記別を受けた。また阿彌陀の二十五菩薩の一つに数える。薬王。
※口遊(970)内典門「四天王下、念薬王菩薩」 〔法華経‐法師品〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android