コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薯蕷汁 トロロジル

デジタル大辞泉の解説

とろろ‐じる【薯蕷汁】

ヤマノイモなどをすりおろして調味したもの。 秋》「―吾に齢(よはひ)の高さなし/誓子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

とろろじる【薯蕷汁】

とろろいもをすりおろし、調味しただし汁でのばした料理。飯にかけて食べる。◇「とろろ」と略す。「ことづて汁」ともいう。東海道丸子(まりこ)宿(現静岡県静岡市)のものは芭蕉(ばしょう)の「梅若菜鞠子の宿のとろろ汁」の句に詠(よ)まれ、江戸時代から名物料理として知られる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

薯蕷汁の関連キーワードとろろ汁芭蕉

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android