コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原温子 ふじわらのおんし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原温子
ふじわらのおんし

[生]貞観14(872)
[没]延喜7(907).6.8. 京都
宇多天皇の女御。基経の娘。別称,七条中宮,東七条院など。仁和4 (888) 年入内し女御となった。醍醐天皇養母のため,寛平9 (897) 年皇太夫人となり中宮と称した。延喜5 (905) 年出家。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原温子 ふじわらの-おんし

872-907 平安時代前期,宇多天皇の女御(にょうご)。
貞観(じょうがん)14年生まれ。藤原基経(もとつね)の3女。母は操子女王。阿衡(あこう)の紛議収拾策として,仁和(にんな)4年(888)入内(じゅだい)。均子内親王を生み,正三位にいたる。醍醐(だいご)天皇の養母となり,その即位で皇太夫人とされ中宮(ちゅうぐう)を称した。七条后,東七条后とよばれる。延喜(えんぎ)7年6月8日死去。36歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原温子

没年:延喜7.6.8(907.7.20)
生年:貞観14(872)
平安時代前期の宇多天皇女御。七条皇后,東七条皇后とも。「よしこ」とも。藤原基経と操子女王の子。阿衡の紛議のさなか,仁和4(888)年入内。嫡后の居所弘徽殿に入る。これにより宇多天皇と基経は和解した。寛平2(890)年均子内親王を生む。寛平5年正三位。寛平9(897)年宇多天皇譲位により醍醐天皇継母として皇太夫人になる。中宮を称す。東五条堀川院,朱雀院,東七条宮などに住む。延喜5(905)年出家。和歌の才能に優れ当時の歌壇の中心的存在だった。歌人の伊勢は温子の女房。

(京楽真帆子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのおんし【藤原温子】

872‐907(貞観14‐延喜7)
平安中期の女御。藤原基経の女。基経と宇多天皇との間に起こった阿衡事件の収拾策により,888年(仁和4)女御として後宮に入る。実男子はなかったが,養子醍醐天皇の即位によって皇太夫人となる。七条坊門北・西洞院西の亭子院(ていじいん)を居所とし,東七条皇后,七条后などと呼ばれる。歌人伊勢はこの宮に仕え,宇多天皇の寵愛を受け更衣となった。905年(延喜5)病により出家し,907年没した。【目崎 徳衛】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

藤原温子の関連キーワード伊勢(1)

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android