コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原道綱 ふじわらのみちつな

4件 の用語解説(藤原道綱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原道綱
ふじわらのみちつな

[生]天暦9(955)
[没]寛仁4(1020).10.16.
平安時代の公卿。摂政兼家の子。母は倫寧の娘。道長の異母兄。通称傅大納言。大納言,正二位にいたる。公事において失儀多く,『小右記』に「一文不通の人」と評されている。その日常については,母の『蜻蛉日記』にみることができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原道綱 ふじわらの-みちつな

955-1020 平安時代中期の公卿(くぎょう)。
天暦(てんりゃく)9年生まれ。藤原兼家の次男。母は藤原倫寧(ともやす)の娘。正暦(しょうりゃく)2年(991)参議。のち大納言にすすみ,正二位にいたる。東宮傅(ふ)をかね,傅大納言とよばれる。文字も満足によめないなど悪評がおおく,大臣をのぞんだがはたせなかった。寛仁(かんにん)4年10月16日死去。66歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原道綱

没年:寛仁4.10.16(1020.11.3)
生年:天暦9(955)
平安中期の公卿。正二位。摂関兼家と藤原倫寧の娘の子。妻は源頼光の娘。正暦2(991)年参議,6年後に大納言となったが,異腹の弟道兼(内大臣),道長(権大納言)は上席であった。母は『蜻蛉日記』の作者である。道綱の無能ぶりは世間の知るところで,日記『小右記』で知られる藤原実資から「わずかに名前は書けるが一二を知らない」と貶されている。晩年「どうしても大臣になりたい」と弟の道長に頼みこんでいるのを知った実資は「一文不通の人」が大臣になったということは聞いたためしがない,と憤慨しており,結果その願いは実現しなかった。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原道綱
ふじわらのみちつな
(955―1020)

平安中期の公卿(くぎょう)。摂政(せっしょう)兼家(かねいえ)の二男。母は『蜻蛉(かげろう)日記』の作者として有名な藤原倫寧(ともやす)の女(むすめ)。991年(正暦2)に参議となったが、異母弟の道兼(みちかね)、道長はすでに権大納言(ごんだいなごん)になっていた。これは母を異にしていたことも原因しているが、政治家としての能力が欠けていたことに由来しており、官位も大納言どまりであった。病を得て出家し、ほどなく寛仁(かんにん)4年10月16日に薨去(こうきょ)。受領(ずりょう)として財力を誇った源頼光(よりみつ)の女婿となって一時期、頼光の一条邸で生活を送ったことがある。[朧谷 寿]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原道綱の関連キーワード阿野季信藤原仲文愛宕通貫中山栄親西洞院時成藤原道兼藤原顕忠藤原超子藤原経任(1)藤原済時

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone