コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寂然 ジャクゼン

デジタル大辞泉の解説

じゃく‐ぜん【寂然】

[ト・タル][文][形動タリ]じゃくねん(寂然)

じゃく‐ねん【寂然】

[ト・タル][文][形動タリ]
ひっそりとして静かなさま。寂しいさま。せきぜん。
「院は―として人もないようであった」〈露伴・連環記〉
煩悩(ぼんのう)を去って、心が静かであるさま。
「―と黙考の体(てい)なりし時も」〈宙外・ありのすさび〉

せき‐ぜん【寂然】

[ト・タル][文][形動タリ]静かでもの寂しいさま。じゃくねん。
「天地は―として静である」〈菊池寛忠直卿行状記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寂然 じゃくぜん

?-? 平安時代後期の歌人,僧。
藤原為忠の子。康治(こうじ)2年(1143)壱岐守(いきのかみ)に任じられたが,辞退。まもなく出家し天台をまなぶ。京都大原に隠棲(いんせい)。西行と親交をもち,「千載和歌集」以下の勅撰(ちょくせん)集に48首のる。兄の藤原為業(ためなり)(寂念)・為経(ためつね)(寂超)とともに「常磐(ときわの)(大原)三寂」とよばれた。家集に「寂然集」など。俗名は藤原頼業(よりなり)。号は唯心房。法名は「じゃくねん」ともよむ。
【格言など】吹く風にはな橘やにほふらんむかしおぼゆるけふのにはかな(「新古今和歌集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゃくぜん【寂然】

平安末期の歌人。俗名、藤原頼業よりなり。出家して唯心房と号し大原に隠遁、兄弟である寂念・寂超とともに大原三寂と称される。家集「寂然法師集」「唯心房集」。生没年未詳。

じゃくねん【寂然】

( トタル ) [文] 形動タリ 
ひっそりとしてさびしいさま。せきぜん。 「 -と柱に凴もたれながら/風流仏 露伴

せきぜん【寂然】

( トタル ) [文] 形動タリ 
さびしくひっそりとしているさま。じゃくねん。 「林といふは極めて樹深くて-としてゐた/めぐりあひ 四迷

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寂然
じゃくねん

生没年未詳。平安末期の歌人。「じゃくぜん」ともよぶ。俗名藤原頼業(よりなり)。父は正四位下丹後守(たんごのかみ)藤原為忠(ためただ)、母未詳。兄為業(ためなり)(寂念)、為経(ためつね)(寂超)はともに歌人で、大原(常磐(ときわ))三寂と称された。生年は1118年(元永1)ころと推定され、最終事蹟(じせき)は1182年(寿永1)の「寿永(じゅえい)百首」家集編纂(へんさん)である。近衛(このえ)院東宮の時の蔵人(くろうど)等を務めるが、1143年(康治2)以後まもなく出家、唯心房(ゆいしんぼう)寂然と号して大原に隠棲(いんせい)した。歌人として公的な場への出詠はほとんどないが、西行(さいぎょう)と親しく、歌風も西行に通うものがあり、自然詠、釈教歌に優れるほか、今様(いまよう)の作もある。家集数種のほか『法門(ほうもん)百首』がある。『千載集』以下に入集(にっしゅう)[川上新一郎]
 ことしげき世をのがれにしみ山べにあらしの風も心してふけ
『井上宗雄著『平安後期歌人伝の研究』(1978・笠間書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の寂然の言及

【大原の三寂】より

…平安末期,藤原為忠の子藤原為業藤原為経藤原頼業の三兄弟の称。三者は官仕を辞して出家し,それぞれ寂念・寂超・寂然と称し,歌人として活躍,のち三寂と称せられた。寂超・寂然は大原に住んだが,寂念が大原に住んだ証はなく,父の別荘のあった地にちなみ常磐の三寂と呼ぶほうがよいとする説もある。…

【藤原頼業】より

…勅撰集には《千載集》に初出。蔵人,左近将監を経て1148年壱岐守,次いで出家して大原に住み,唯心房寂然(ゆいしんぼうじやくねん)と号した。大原の三寂(常磐(ときわ)の三寂)の一人。…

【唯心房集】より

…唯心房寂然(じやくねん)(俗名藤原頼業(よりなり))の家集。平安末期。…

※「寂然」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

寂然の関連キーワード全・前・善・喘・漸・然・禅・禪・繕・膳・髯寂・弱・惹・若・雀・鵲継ぎ物・継物大原の三寂世尊寺行能藤原為経摩訶止観隠者文学藤原為忠武野安斎わざくれ唯心房集藤原為業常磐三寂大原三寂復性書釈教歌トタル家集隠遁

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寂然の関連情報