コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤子F不二雄 フジコエフフジオ

デジタル大辞泉の解説

ふじこ‐エフ‐ふじお〔ふぢこ‐フジを〕【藤子・F・不二雄】

[1933~1996]漫画家。富山の生まれ。本名、藤本弘。安孫子素雄(あびこもとお)とコンビを組み、「藤子不二雄」のペンネームで活動。ギャグ漫画「オバケのQ太郎」がヒットして人気作家となる。コンビ解消後も執筆活動を続けた。日常生活とSFを融合させたストーリーは国内外で高い評価を得る。代表作「ドラえもん」「キテレツ大百科」「エスパー魔美」など。→藤子不二雄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤子・F・不二雄 ふじこ-エフ-ふじお

1933-1996 昭和後期-平成時代の漫画家。
昭和8年12月1日生まれ。小学校の同級生安孫子素雄(あびこ-もとお)と藤子不二雄の名で合作をはじめ,昭和39年「オバケのQ太郎」が大ヒットした。その後も「パーマン」「ドラえもん」などを生む。62年コンビを解消し藤子・F・不二雄と改名,独自の活動をおこなった。平成8年9月23日死去。62歳。富山県出身。高岡中部高卒。本名は藤本弘。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤子・F・不二雄
ふじこえふふじお
(1933―1996)

漫画家。富山県生まれ。本名藤本弘。高岡工芸高校電気科卒業。小学校5年のとき、安孫子素雄(あびこもとお)と出会い、合作で漫画を描き始める。1951年(昭和26)『天使の玉ちゃん』でデビュー。共同のペンネーム藤子不二雄で雑誌に投稿を続ける。1964年から『少年サンデー』に連載の『オバケのQ太郎』が大ヒット。以後、一貫して子供たちの日常をモチーフとした空想的な作品を描き続けた。ほかに『パーマン』『21エモン』『ウメ星デンカ』などヒット作を次々と出し、近年の代表作『ドラえもん』の単行本は1億冊を超える大ヒット作となった。1987年には共同ペンネームでの執筆をやめ、新たに漫画活動を展開。ペンネームを藤子・F・不二雄と改めた。1963年小学館漫画賞、1973年日本漫画家協会賞優秀賞、1988年日本アニメ大賞脚本最優秀賞、1994年(平成6)日本漫画家協会賞文部大臣賞などを受賞。1996年9月23日没。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

藤子F不二雄の関連キーワード映画 ドラえもん のび太と奇跡の島 アニマル アドベンチャー映画 ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 はばたけ 天使たち映画 ドラえもん のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い映画 ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記ザ☆ドラえもんズ ゴール!ゴール!ゴール!!映画 ドラえもん のび太のドラビアンナイト未来の想い出 Last Christmas映画 ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史ドラえもん2 のび太のトイズランド大冒険映画 ドラえもん のび太のパラレル西遊記映画 ドラえもん のび太の恐竜2006映画 ドラえもん のび太とふしぎ風使い映画 ドラえもん のび太とアニマル惑星映画 ドラえもん のび太とロボット王国ドラえもん のび太の恐竜2006 DSドラえもん ワクワクポケットパラダイス映画 ドラえもん のび太とブリキの迷宮映画 ドラえもん のび太と翼の勇者たち映画 ドラえもん のび太と銀河超特急映画 ドラえもん のび太と夢幻三剣士

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤子F不二雄の関連情報