コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤子F不二雄 フジコエフフジオ

デジタル大辞泉の解説

ふじこ‐エフ‐ふじお〔ふぢこ‐フジを〕【藤子・F・不二雄】

[1933~1996]漫画家。富山の生まれ。本名、藤本弘。安孫子素雄(あびこもとお)とコンビを組み、「藤子不二雄」のペンネームで活動。ギャグ漫画「オバケのQ太郎」がヒットして人気作家となる。コンビ解消後も執筆活動を続けた。日常生活とSFを融合させたストーリーは国内外で高い評価を得る。代表作「ドラえもん」「キテレツ大百科」「エスパー魔美」など。→藤子不二雄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤子・F・不二雄 ふじこ-エフ-ふじお

1933-1996 昭和後期-平成時代の漫画家。
昭和8年12月1日生まれ。小学校の同級生安孫子素雄(あびこ-もとお)と藤子不二雄の名で合作をはじめ,昭和39年「オバケのQ太郎」が大ヒットした。その後も「パーマン」「ドラえもん」などを生む。62年コンビを解消し藤子・F・不二雄と改名,独自の活動をおこなった。平成8年9月23日死去。62歳。富山県出身。高岡中部高卒。本名は藤本弘。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤子・F・不二雄
ふじこえふふじお
(1933―1996)

漫画家。富山県生まれ。本名藤本弘。高岡工芸高校電気科卒業。小学校5年のとき、安孫子素雄(あびこもとお)と出会い、合作で漫画を描き始める。1951年(昭和26)『天使の玉ちゃん』でデビュー。共同のペンネーム藤子不二雄で雑誌に投稿を続ける。1964年から『少年サンデー』に連載の『オバケのQ太郎』が大ヒット。以後、一貫して子供たちの日常をモチーフとした空想的な作品を描き続けた。ほかに『パーマン』『21エモン』『ウメ星デンカ』などヒット作を次々と出し、近年の代表作『ドラえもん』の単行本は1億冊を超える大ヒット作となった。1987年には共同ペンネームでの執筆をやめ、新たに漫画活動を展開。ペンネームを藤子・F・不二雄と改めた。1963年小学館漫画賞、1973年日本漫画家協会賞優秀賞、1988年日本アニメ大賞脚本最優秀賞、1994年(平成6)日本漫画家協会賞文部大臣賞などを受賞。1996年9月23日没。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

藤子F不二雄の関連キーワードドラえもん のび太と奇跡の島 ~アニマルアドベンチャー~ 3DS映画 ドラえもん のび太と奇跡の島 アニマル アドベンチャー映画 ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 はばたけ 天使たちザ☆ドラえもんズ ムシムシぴょんぴょん大作戦!ザ☆ドラえもんズ おかしなお菓子なオカシナナ?ドラミ&ドラえもんズ ロボット学校七不思議!?ドラミ&ドラえもんズ 宇宙ランド危機イッパツ!ザ☆ドラえもんズ ゴール!ゴール!ゴール!!ザ☆ドラえもんズ 怪盗ドラパン謎の挑戦状!未来の想い出 Last Christmas映画 ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史ドラえもん2 のび太のトイズランド大冒険ザ☆ドラえもんズ ドキドキ機関車大爆走!映画 ドラえもん のび太とアニマル惑星ドラえもん のび太の恐竜2006 DS映画 ドラえもん のび太とブリキの迷宮映画 ドラえもん のび太とロボット王国映画 ドラえもん のび太と翼の勇者たち映画 ドラえもん のび太とふしぎ風使いドラえもん ワクワクポケットパラダイス

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤子F不二雄の関連情報