藤子・F・不二雄(読み)ふじこ エフ ふじお

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「藤子・F・不二雄」の解説

藤子・F・不二雄 ふじこ-エフ-ふじお

1933-1996 昭和後期-平成時代の漫画家。
昭和8年12月1日生まれ。小学校同級安孫子素雄(あびこ-もとお)と藤子不二雄の名で合作をはじめ,昭和39年「オバケのQ太郎」が大ヒットした。その後も「パーマン」「ドラえもん」などを生む。62年コンビを解消し藤子・F・不二雄と改名,独自の活動をおこなった。平成8年9月23日死去。62歳。富山県出身。高岡中部高卒。本名藤本弘

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「藤子・F・不二雄」の解説

ふじこ‐エフ‐ふじお〔ふぢこ‐フジを〕【藤子・F・不二雄】

[1933~1996]漫画家。富山の生まれ。本名、藤本弘。安孫子素雄あびこもとおとコンビを組み、「藤子不二雄」のペンネームで活動。ギャグ漫画「オバケのQ太郎」がヒットして人気作家となる。コンビ解消後も執筆活動を続けた。日常生活とSFを融合させたストーリーは国内外で高い評価を得る。代表作「ドラえもん」「キテレツ大百科」「エスパー魔美」など。→藤子不二雄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android