コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤山ハル ふじやま ハル

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤山ハル ふじやま-ハル

1900-1974 大正-昭和時代のアイヌ文化伝承者。
明治33年生まれ。金谷フサの母。戦後,樺太(からふと)(サハリン)から北海道常呂(ところ)町に移住する。アイヌ語樺太方言の最後の話し手として,服部四郎らの言語研究に協力。樺太アイヌ固有の伝説,祭りなどの伝承にも貢献した。昭和49年死去。74歳。アイヌ名はエソランケマハ。通称はフシコ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤山ハル
ふじやまはる
(1900―1974)

樺太(からふと)アイヌ文化の伝承者。アイヌ名はエソランケマ。アイヌ語樺太方言(西海岸中部のライチシカ方言)の優秀な話し手で、シャーマンの祈り(トゥス)、伝説や説話、各種の歌謡、トンコリなどの民族楽器、祭事、刺しゅうなど、北海道とは異なる樺太アイヌ古来の文化の貴重な伝承者であった。第二次世界大戦後、樺太(サハリン)から北海道に引き揚げ、常呂(ところ)町(現北見市)に住む。服部(はっとり)四郎編『アイヌ語方言辞典』の樺太方言、村崎恭子著『カラフトアイヌ語』などの資料はすべて藤山のアイヌ語に基づく。[村崎恭子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

藤山ハルの関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android