コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤岡貝塚 ふじおかかいづか

2件 の用語解説(藤岡貝塚の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふじおかかいづか【藤岡貝塚】

栃木県下都賀郡藤岡町藤岡篠山にある縄文時代前期の遺跡。篠山貝塚ともよばれる。現在の海岸線から70km以上も内陸にあり,古くから関東最奥の貝塚として有名である。栃木県の南端,赤麻沼遊水池西岸の台地上(標高約22m)にあり,北部,中部,南部の3地点の貝塚からなる。貝塚はいずれもヤマトシジミなど淡水産の貝類が主体を占める主淡貝塚で,これまで,1941年,51年,79年の3回にわたって発掘調査が行われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤岡貝塚
ふじおかかいづか

栃木県栃木市藤岡町藤岡の篠山(しのやま)にある縄文時代前期の、ヤマトシジミを主体とする主淡貝塚。関東平野の最奥にある貝塚として有名である。旧赤麻(あかま)沼に面する標高約20メートルの台地上に存在する。貝塚は、いくつかの小さな貝層群からなり、全体としてみると径数十メートル余の範囲に半円状の分布を示す。日本古代文化学会、明治大学考古学研究室、栃木県立博物館などによる発掘が行われた。貝層下からは、長方形プランの竪穴(たてあな)住居址(し)が発見されており、関山(せきやま)式土器が出土している。貝塚を構成する貝類の95%以上は、ヤマトシジミであり、マガキ、ハイガイ、ハマグリ、アカニシなどはごく微量にすぎない。獣魚骨は少ない。[岡本 勇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤岡貝塚の関連キーワード足尾藤岡市藤岡栃木独協医科大学にしかたみかもみぶ新・栃木市森鴎村

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone