藤林益三(読み)ふじばやし えきぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤林益三 ふじばやし-えきぞう

1907-2007 昭和-平成時代の弁護士,裁判官。
明治40年8月26日生まれ。妻は巌谷小波(いわや-さざなみ)の3女。昭和7年弁護士を開業。第一東京弁護士会副会長などをつとめる。45年最高裁判事,51年弁護士出身としては初の最高裁長官となる。津地鎮祭訴訟判決で,地方公共団体神式による地鎮祭違憲とし,多数意見に反対した。52年弁護士に復帰。平成19年4月24日死去。99歳。京都出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

藤林益三【ふじばやしえきぞう】

弁護士・裁判官。京都府出身。東京帝国大学(現,東京大学)法学部卒業。1932年に弁護士登録。1970年最高裁判所(最高裁)判事となり,1976年5月から1977年8月まで第7代最高裁判所長官(初の弁護士出身の長官)を務める。1977年7月の津地鎮祭訴訟の最高裁判決では,地方公共団体(この場合は三重県津市)による地鎮祭(じちんさい)は政教分離原則に反して違憲であるとの立場から,長官として団藤重光らとともに,地鎮祭を認める多数意見に反対した。日本法律家協会会長などを歴任する一方,旧制高校の寮歌を好んだことから日本寮歌振興会会長も務めた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android