コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤林益三 ふじばやし えきぞう

2件 の用語解説(藤林益三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤林益三 ふじばやし-えきぞう

1907-2007 昭和-平成時代の弁護士,裁判官。
明治40年8月26日生まれ。妻は巌谷小波(いわや-さざなみ)の3女。昭和7年弁護士を開業。第一東京弁護士会副会長などをつとめる。45年最高裁判事,51年弁護士出身としては初の最高裁長官となる。津地鎮祭訴訟の判決で,地方公共団体の神式による地鎮祭は違憲とし,多数意見に反対した。52年弁護士に復帰。平成19年4月24日死去。99歳。京都出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

百科事典マイペディアの解説

藤林益三【ふじばやしえきぞう】

弁護士・裁判官。京都府出身。東京帝国大学(現,東京大学)法学部卒業。1932年に弁護士登録。1970年最高裁判所(最高裁)判事となり,1976年5月から1977年8月まで第7代最高裁判所長官(初の弁護士出身の長官)を務める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

藤林益三の関連キーワード大野正男尾崎陞小野誠之佐伯静治梨木作次郎西田公一坂東克彦山根二郎須藤正彦北山六郎

藤林益三の関連情報