コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

団藤重光 だんどうしげみつ

5件 の用語解説(団藤重光の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

団藤重光
だんどうしげみつ

[生]1913.11.8. 山口
[没]2012.6.25. 東京,文京
法学者。刑事法学の第一人者。1935年東京帝国大学法学部卒業。1937年同大学助教授,1947年教授に就任。1974年に東京大学を定年退官後,最高裁判所判事に就任,1983年定年退官。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だんどう‐しげみつ【団藤重光】

[1913~2012]法学者。山口の生まれ。刑事訴訟法の策定に関与するなど、刑事法学の専門家として活躍。昭和49年(1974)最高裁判所判事に就任。判事退官後は死刑廃止運動に尽力した。平成7年(1995)文化勲章受章。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

団藤重光【だんどうしげみつ】

法学者,最高裁判事。専門は刑事法全般。山口県吉敷郡生まれ。父は検事・弁護士少年時代を父の郷里に近い岡山市で過ごす。第六高等学校をへて1935年東京帝国大学法学部卒業(首席),1937年助教授,1947年東京大学法学部教授。
→関連項目藤林益三

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

団藤重光 だんどう-しげみつ

1913-2012 昭和-平成時代の法学者,裁判官。
大正2年11月8日生まれ。昭和22年東大教授。49年慶大教授,最高裁判事。司法省嘱託として戦後の新刑事訴訟法の立案に参画して以来,おおくの刑事関連法の立案にかかわる。また死刑廃止論をとなえた。56年学士院会員。61年文化功労者。平成7年文化勲章。平成24年6月25日死去。98歳。学士院会員。山口県出身。東京帝大卒。著作に「刑法綱要総論」,「刑法紀行」(昭和43年日本エッセイスト・クラブ賞)など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

団藤重光
だんどうしげみつ
(1913―2012)

刑事法学者。山口県生まれ。1935年(昭和10)東京帝国大学法学部を卒業し、同助教授を経て、1947年同法学部教授、のち同名誉教授。1937年『刑事訴訟行為の無効』で訴訟理論に画期的な業績を示し、戦後には司法省(現、法務省)嘱託となり新刑事訴訟法立案の中心的役割を果たした。同法の制定後、1948年『新刑事訴訟法綱要』、1950年『刑法と刑事訴訟法との交錯』、1957年と1964年『刑法綱要総論・各論』を著して、人格形成責任論にたつ古典的刑法理論を展開した。また、1949年日本刑法学会を創設し、1963年同理事長。刑法改正準備委員会、法制審議会の各委員を務め、1961年改正刑法準備草案、1972年改正刑法草案、1974年改正刑法草案の立案に参加した。1974年最高裁判所判事、1981年日本学士院会員、1986年に文化功労者となった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

団藤重光の関連キーワード五十嵐清池原季雄鴻常夫金子宏兼子仁成田頼明大谷實花見忠鈴木茂嗣長尾龍一

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

団藤重光の関連情報