コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤田元春 ふじた もとはる

3件 の用語解説(藤田元春の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

藤田元春

地理学者。京都生。京大助手から三高・大阪高校の教授となり昭和19年定年退職。この間『日本民家史』『尺度綜考』等を著し独自の分野を開く。戦後、山梨大・立命館大教授を歴任。昭和33年(1958)歿、79才

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤田元春 ふじた-もとはる

1879-1958 大正-昭和時代の地理学者。
明治12年2月4日生まれ。小川琢治(たくじ),内藤湖南にまなぶ。中国調査旅行をおこなって中国の歴史,地理関係の著作を多数執筆したほか,「日本民家史」などをあらわした。大正14年三高兼大阪高教授。戦後は山梨大,立命館大の教授をつとめた。昭和33年4月13日死去。79歳。京都出身。京都帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじたもとはる【藤田元春】

1879‐1958(明治12‐昭和33)
地理学者。京都府美山町の神官の家に生まれた。1900年京都府師範学校を卒業し,教員となったが,37歳で京都帝大史学科に選科生として入学,小川琢治,内藤湖南らに師事。24年京大地質学教室に創設された地球学団の代表者となり,機関紙《地球》に健筆をふるった。同年外務省より中国調査旅行(4名)を命ぜられ,これが機縁で中国の歴史地理の著作が多く,47年《日支交通の研究》で文学博士の称号を得た。1925年第三高等学校兼大阪高等学校の教授となり,また京都市民のために地理の臨地講義を行い名声を得た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の藤田元春の言及

【集落】より

… 個別の都市や特定のカテゴリーに属する都市の変遷が取り上げられることも村落にみられない特色である。それらの研究としては喜田貞吉の平城京などの研究をまとめた《帝都》(1915),藤田元春の《平安京変遷史》(1930),小野均の《近世城下町の研究》(1928),大井重二郎の《上代の帝都》(1944),藤岡謙二郎の《国府》(1969),豊田武の《日本の近世都市》(1952),矢守一彦の《幕藩社会の地域構造》(1970)などがある。最近では計量地理学を導入した都市研究も多くなってきている。…

【民家】より


[民家研究]
 日本において民家が学問的な研究対象になったのは1900年ころからである。その一つは地理学の面からで,当時著しい成果をあげていたドイツの集落地理学の影響を受けたもので,28年に藤田元春が《日本民家史》を著して民家研究の先駆的な役割を果たすなど,主として屋敷や民家の形態的な比較研究の成果を積みあげている。第2は,常民の生活文化の解明に主眼を置いた民俗学や建築学の立場からの調査で,1917年に柳田国男,今和次郎らの〈白茅会〉,33年には竹内芳太郎,蔵田周忠,石原憲治らの〈民家研究会〉が結成された。…

※「藤田元春」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤田元春の関連キーワード鈴木信太郎広江八重桜庵原順一加藤虎之亮椙村辰之助関山富平田昇皆川治広山地土佐太郎渡辺大濤

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone