コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤田省三 ふじたしょうぞう

百科事典マイペディアの解説

藤田省三【ふじたしょうぞう】

思想史家・政治学者。丸山真男師事。近代天皇制国家の内面構造を分析した《天皇制国家の支配原理》は戦後思想史に画期的な意味を持つと高く評価され,若くして戦後の批判的知識人を代表する一人として注目される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤田省三 ふじた-しょうぞう

1927-2003 昭和後期-平成時代の思想史家。
昭和2年9月17日生まれ。丸山真男に師事。昭和41年法大教授。45年退職するが55年に復職。思想の科学研究会編「共同研究 転向」の編集で中心的役割をはたした。また戦後の日本思想に対して独自の精神史的・文明論的考察をおこなった。平成15年5月28日死去。75歳。愛媛県出身。東大卒。著作に「天皇制国家の支配原理」「精神史的考察」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藤田省三の関連キーワード藤田 省三明治天皇安田 武

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤田省三の関連情報