藪手毬(読み)ヤブデマリ

デジタル大辞泉の解説

やぶ‐でまり【×藪手×毬】

スイカズラ科の落低木。山中の湿った所に自生。葉は楕円形で先が鋭くとがり、にぎざぎざがある。5、6月ごろ、小花を密につけ、周りを白い大きい装飾花が囲む。実は赤から黒く熟す。関東以西に分布

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

やぶ‐でまり【藪手毬】

〘名〙
① スイカズラ科の落葉低木。本州の関東以西、四国、九州の山地の谷筋に生える。高さ三~五メートル。全体に星状毛を密生。葉は長柄をもち対生。葉身は倒卵形ないし楕円形で縁に鋸歯(きょし)がある。初夏、葉腋や枝端の花柄に白い小さな花が群がってつき、中心の両性花のまわりに大形の装飾花を開く。果実は初め赤く、のち黒く熟す。漢名、蝴蝶戯珠花。やまでまり。〔大和本草(1709)〕
② 植物「あじさい(紫陽花)」の異名。〔大和本草(1709)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android