コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘆谷蘆村 あしや ろそん

2件 の用語解説(蘆谷蘆村の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蘆谷蘆村 あしや-ろそん

1886-1946 明治-昭和時代前期の童話研究家。
明治19年11月14日生まれ。国民英学会や聖書学院にまなび,大正11年日本童話協会を創立,「童話研究」「童話資料」を発行。口演童話の普及につとめた。昭和21年10月15日死去。61歳。島根県出身。本名は重常。著作に「世界童話研究」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蘆谷蘆村
あしやろそん
(1886―1946)

童話研究家。本名重常。島根県松江の生まれ。国民英学会や聖書学院に学ぶ。児童読物雑誌『新少年』(1908創刊)の編集を経て、1922年(大正11)に、主として口演(こうえん)童話家の集まりである日本童話協会を設立。その中心となって機関誌『童話研究』(1922創刊)、『童話資料』(1927創刊)を発行し、童話の研究、紹介、啓蒙(けいもう)に活躍した。キリスト教精神と欧米の童話の教養を基盤に、伝承童話を中心に、幅広く童話研究の礎石を築き上げた。主著に『永遠の子どもアンダアゼン』(1925・コスモス書院)などがある。[岡田純也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

蘆谷蘆村の関連キーワードナンバースクールイタリア映画東京大学新日本文学戦争放棄岩石区新聞小説カストリ雑誌北朝鮮新教育

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone