コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘆谷蘆村 あしや ろそん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蘆谷蘆村 あしや-ろそん

1886-1946 明治-昭和時代前期の童話研究家。
明治19年11月14日生まれ。国民英学会や聖書学院にまなび,大正11年日本童話協会を創立,「童話研究」「童話資料」を発行。口演童話の普及につとめた。昭和21年10月15日死去。61歳。島根県出身。本名は重常。著作に「世界童話研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蘆谷蘆村
あしやろそん
(1886―1946)

童話研究家。本名重常。島根県松江の生まれ。国民英学会や聖書学院に学ぶ。児童読物雑誌『新少年』(1908創刊)の編集を経て、1922年(大正11)に、主として口演(こうえん)童話家の集まりである日本童話協会を設立。その中心となって機関誌『童話研究』(1922創刊)、『童話資料』(1927創刊)を発行し、童話の研究、紹介、啓蒙(けいもう)に活躍した。キリスト教精神と欧米の童話の教養を基盤に、伝承童話を中心に、幅広く童話研究の礎石を築き上げた。主著に『永遠の子どもアンダアゼン』(1925・コスモス書院)などがある。[岡田純也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

蘆谷蘆村の関連キーワード内山 憲尚山内 秋生少年文学明治

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android