虎の威を借る狐(読み)トラノイヲカルキツネ

大辞林 第三版の解説

とらのいをかるきつね【虎の威を借る狐】

〔戦国策 楚策
他人の権勢をかさに着て威張る小人しようじんのたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる