コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虚堂智愚 きどうちぐXu-tang Zhi-yu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

虚堂智愚
きどうちぐ
Xu-tang Zhi-yu

[生]淳煕12(1185).浙江,会稽
[没]咸淳5(1269).径山
中国,南宋の臨済宗の僧。号は息耕。 16歳のとき,普明寺の師蘊について出家し,天寧寺の運庵普厳の座下において大悟し,その法門を継いだ。紹定2 (1229) 年興聖寺に住し,次いで報恩,瑞巌,育王,浄慈,万寿などの諸名刹に歴住した。虚堂門下の禅僧として名声を残した者が多数輩出したが,日本から入宋した南浦紹明 (なんぽじょうみょう) は虚堂の法脈を受けた臨済禅を日本に伝えた。『虚堂和尚語録』がある。虚堂の墨跡は筆勢の強い素朴なもので,鎌倉時代から愛好された。大徳寺蔵『達磨忌拈香語 (だるまきねんこうご) 』,同寺塔頭の孤篷庵蔵『凌霄 (りょうしょう) 』墨跡,妙心寺蔵『虚堂頂相』宝祐6 (58) 年の自賛,東京国立博物館蔵の無象静照に与えられた『法語』,あるいは個人所蔵の墨跡が現存。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きどうちぐ【虚堂智愚 Xū táng Zhì yú】

1185‐1269
中国,南宋の禅僧。別号は息耕。四明象山(浙江省)の陳氏に生まれ,16歳で普明寺の師蘊につき出家,諸師に参じたのち,運菴普巌の法を継いだ。育王山広利寺,南山浄慈報恩寺,径山興聖万寿寺など五山大寺に住した当代きっての禅僧である。日本から入宋した多くの禅僧も彼に参じたが,とりわけ南浦紹明(なんぽしようみよう)はその法を継いで帰朝し,大徳寺,妙心寺両派によってその法脈を今に伝えている。茶道が大徳寺派の禅と密接な関係をもって発展すると,虚堂の墨跡は禅家はもとより茶の世界でも特に愛玩珍重された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

虚堂智愚
きどうちぐ
(1185―1269)

中国、南宋(なんそう)代の臨済(りんざい)宗の禅僧。虚堂、息耕叟(そっこうそう)と号する。俗姓は陳氏。四明(浙江(せっこう/チョーチヤン)省)象山の人。16歳で普明寺の師蘊(しうん)の下で出家。宏智(わんし)派の雪竇煥(せつちょうかん)、浄慈重皎(じんずじゅうこう)などに参じ、のち松源派の運庵普巌(うんなんふがん)に嗣法(しほう)した。1229年に興聖寺に初住し、報恩寺、顕孝(けんこう)寺、瑞巌(ずいがん)寺、延福寺、宝林寺、阿育王山広利寺、浄慈寺、径山(きんざん)に歴住した。咸淳(かんじゅん)5年10月7日示寂。天童如浄(てんどうにょじょう)と交渉があり、弟子に入宋(にっそう)僧南浦紹明(なんぽじょうみょう)がいる。『語録』10巻がある。[石井修道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

虚堂智愚の関連キーワード南浦紹明(なんぽじょうみょう)北向道陳無学祖元寂庵上昭一休宗純寒巌義尹樵谷惟僊無門関台子牧谿

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android