コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虫の垂衣 むしのたれぎぬ

3件 の用語解説(虫の垂衣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

虫の垂衣
むしのたれぎぬ

平安~室町時代主として女性が旅行の際などに用いた,笠のまわりに薄い布を長く垂らしたかぶりもの。虫という名がついたのは,垂衣の原料として大麻より上等のカラムシ (苧麻) が材料に用いられたことからきている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

虫の垂衣【むしのたれぎぬ】

虫垂(むしたれ)とも。平安時代の婦人が旅行のときなどに用いたかぶり物。笠の周囲に薄い布をとじつけたもので,顔を隠すとともに風塵や害虫を避けた。一説にカラムシの繊維で織った布を用いたところからこの名がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むしのたれぎぬ【虫の垂衣】

平安時代に主として婦人の旅行者などが,乗馬や徒歩のとき,笠の周囲に薄い布を長く垂らした被り物。正しくは〈枲垂衣〉と書く。当時の婦人は外出時に衣をかぶったり(衣被(きぬかずき)),その上から市女(いちめ)笠をかぶったりして顔を隠したが,旅行には便宜上笠に薄い布をとじつけて,顔を隠すと同時に,道中の風塵(ふうじん)や害虫を避けた。〈むし〉というのは多年生草本のカラムシ(苧,苧麻),またはケムシ(枲)の〈ムシ〉の意である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone