コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虫の垂衣 むしのたれぎぬ

3件 の用語解説(虫の垂衣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

虫の垂衣
むしのたれぎぬ

平安~室町時代主として女性が旅行の際などに用いた,笠のまわりに薄い布を長く垂らしたかぶりもの。虫という名がついたのは,垂衣の原料として大麻より上等のカラムシ (苧麻) が材料に用いられたことからきている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

虫の垂衣【むしのたれぎぬ】

虫垂(むしたれ)とも。平安時代の婦人が旅行のときなどに用いたかぶり物。笠の周囲に薄い布をとじつけたもので,顔を隠すとともに風塵や害虫を避けた。一説にカラムシの繊維で織った布を用いたところからこの名がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

むしのたれぎぬ【虫の垂衣】

平安時代に主として婦人の旅行者などが,乗馬や徒歩のとき,笠の周囲に薄い布を長く垂らした被り物。正しくは〈枲垂衣〉と書く。当時の婦人は外出時に衣をかぶったり(衣被(きぬかずき)),その上から市女(いちめ)笠をかぶったりして顔を隠したが,旅行には便宜上笠に薄い布をとじつけて,顔を隠すと同時に,道中の風塵(ふうじん)や害虫を避けた。〈むし〉というのは多年生草本のカラムシ(苧,苧麻),またはケムシ(枲)の〈ムシ〉の意である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

虫の垂衣の関連キーワード江戸小紋往来手形五十日の祝王代物王朝時代着茣蓙旅行者西の旅旅行業者費用保険訪日外国人旅行者

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone