コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血液型不適合 けつえきがたふてきごう

妊娠・子育て用語辞典の解説

けつえきがたふてきごう【血液型不適合】

母体と胎児血液型(主にABO型、Rh型)が異なり、赤ちゃんに新生児溶血性疾患赤血球が破壊されてしまうこと)が起こる可能性のある妊娠をいいます。

出典 母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授) 妊娠・子育て用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けつえきがた‐ふてきごう〔‐フテキガフ〕【血液型不適合】

輸血の際の供血者と受血者、あるいは妊娠の際の母体と胎児の血液型が、障害を起こすような相互関係にあること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けつえきがたふてきごう【血液型不適合】

輸血で、受血者と供血者との血液型の組み合わせが不適当なこと。溶血・ショックなど副作用の原因となる。
妊娠時に母子の血液型の組み合わせが不適当なこと。流産や胎児・新生児溶血性疾患(胎児赤芽球症)・核黄疸などの原因になる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

血液型不適合
けつえきがたふてきごう
blood group incompatibility

輸血の場合は供血者と受血者,妊娠の場合は母と子の血液型が異なるために,受血者や子に障害が起こることをいう。妊娠の場合,主として Rh式血液型不適合が問題となる。 Rh (-) の母が Rh(+)の子を妊娠した際,出産時に胎児の血液が母体に移行すると,母体内で抗体 (抗D抗体) がつくり出され,次の妊娠時に胎児の血液を破壊し,溶血させる。そのため,胎児は貧血になったり,出生後に重度黄疸を起こし,重症では死亡する。現在では,第1回の出産後 72時間以内に抗 Rh抗体を母親に注射して,抗体がつくり出されるのを予防することができる。新生児黄疸も,交換輸血によって治療できる。 ABO式血液型不適合は,Rh式より発生頻度が低く,症状も軽くて,子宮内胎児死亡を起こすこともない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の血液型不適合の言及

【黄疸】より

…(2)新生児重症黄疸 新生児期に黄疸が非常に強い状態をいう。原因はいろいろあるが,多いのは母子間の血液型不適合(母親がRh-で胎児がRh+の場合,ABO血液型では,母親がO型で胎児がA型かB型のとき,強い黄疸が現れる)による新生児溶血性疾患である。そのほか,未熟児,皮下出血や大きい頭血腫のある子ども,敗血症などは黄疸が強くなりやすい。…

【交換輸血】より

…ヒトの血液内にある有毒成分を急激に体外へ排除するために,その血液を抜き取り,新しいよい血液を輸血する治療法。最も有名なのは,Rh式やABO式血液型不適合妊娠によっておこる胎児・新生児溶血性疾患のときに行われるもので,これは出生後すぐに臍(さい)静脈(へその中にある静脈)を使って黄疸色素のビリルビンや血液型不適合妊娠のためにできた抗体を含んだ血液を除去するために行われる。この治療により,新生児の脳組織における黄疸,すなわち核黄疸の発生を防止し,脳性麻痺から守ることができる。…

※「血液型不適合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

血液型不適合の関連キーワード子どもの血液の病気の特徴と対策交叉適合試験(交差適合試験)新生児溶血性黄疸妊娠中の健康管理血液型不適合妊娠クームス試験アテトーシス胎児赤芽球症小児血液疾患成人赤芽球症習慣性流産組み合わせ分娩誘発法溶血性貧血胎児医学胎児情報胎児水腫脳性まひ高リスク血液製剤

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

血液型不適合の関連情報