コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血管内凝固症候群 けっかんないぎょうこしょうこうぐんdisseminated intravascular coagulation syndrome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

血管内凝固症候群
けっかんないぎょうこしょうこうぐん
disseminated intravascular coagulation syndrome

DICとも呼ばれ,感染症や癌,広範囲の熱傷外傷などに伴い,血管内で凝固機能が異常に亢進し,全身の毛細血管血液凝固が発生することにより起る。このとき,凝固因子血小板は大量に消費され,欠乏出血傾向が強まる。同時に各臓器は虚血のために機能不全となり,腎不全,呼吸不全,肝不全などが一斉に出現し,互いに影響を及ぼして多臓器不全 (MOF) と呼ばれる状態になる。出血については初期の皮膚出血から消化管出血頭蓋内出血も生じる。 DICに陥ると生命の危険はきわめて高いが,原因疾患が継続する間の改善は困難である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けっかんないぎょうこしょうこうぐん【血管内凝固症候群 disseminated intravascular coagulation syndrome】

略称DIC。播種性血管内凝固症候群ともいう。広範な血管内で血液の凝固が起こる状態。血液は,血管内を循環している間は,通常,凝固しないものであるが,血管壁の変化,凝固促進物質の血管内への出現などで,血管内でも血液凝固が起こることがある。凝固によって生じた塊が血栓であり,それが局所にとどまる場合は血栓症であるが,全身に広範に血管内凝固が起こり,微小血栓が散布されたような状態が起こると,血管内凝固症候群と称する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の血管内凝固症候群の言及

【胎盤早期剝離】より

妊娠【岩崎 寛和】。。…

※「血管内凝固症候群」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

血管内凝固症候群の関連キーワード挫滅症候群(圧挫症候群/クラッシュ・シンドローム)無フィブリノーゲン血症/フィブリノーゲン低下症血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)播種性血管内凝固症候群(DIC)子どもの播種性血管内凝固症候群腎症候性出血熱(流行性出血熱)子どもの血液の病気の特徴と対策老化にともなう血液の病気と症状WHOによる糸球体疾患の分類老化(加齢)するということ常位胎盤早期剥離(早剥)劇症型A群溶連菌感染症急速進行性腎炎症候群劇症型溶連菌感染症中東呼吸器症候群肺水腫とARDS羊水塞栓(症)流行性髄膜炎エボラ出血熱つつがむし病

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android