コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血精液症 けつせいえきしょうhematospermia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

血精液症
けつせいえきしょう
hematospermia

精液に血液が混ることをいい,精液がピンク色ないし褐色に見えることで発見される。中年以降の男性に多い。多くは原因不明であるが,出血部位として最も多いのは精嚢で,粘膜の活動が高まることが原因とされている。まれに精嚢や後部尿道の癌によることがある。女性ホルモンのほか,止血剤抗アレルギー剤投与でも効果がみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

家庭医学館の解説

けつせいえきしょう【血精液症】

 精液に血液がまじる病気です。血液は赤い線状になってみられることが多く、大半は1~2回で消えますが、持続してまじる場合もあります。
 精嚢炎(せいのうえん)、前立腺炎(ぜんりつせんえん)、前立腺結核(ぜんりつせんけっかく)などが原因となることがあります。炎症によって精嚢の粘膜(ねんまく)がただれておこると考えられています。悪性腫瘍(あくせいしゅよう)による血液の混入はめったにないので、あまり気にしなくてもよい病気です。
 治療は、止血剤、抗炎症薬、抗菌薬、抗アレルギー薬、女性ホルモンなどが用いられます。なかなか治らないときには、精液検査、血液検査、精嚢造影、MRI、超音波エコー検査などを行なって、原因を詳しく調べます。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android