衝突(物理)(読み)しょうとつ

百科事典マイペディアの解説

衝突(物理)【しょうとつ】

(1)運動する2物体が互いに接して,ごく短時間だけ強い力(撃力)を及ぼし合う現象。衝突の前後で,2物体の運動量の和と角運動量の和は変わらないが,運動エネルギーは一部熱エネルギーに変わる。運動エネルギーが保存される理想の場合を完全弾性衝突という。一方の物体に対する他方の物体の相対速度を,衝突前でu,後でu′とすると,u′/u=eを反発係数といい,完全弾性衝突ではe=1,そうでなければ0≦e<1。(2)電子・陽子・α粒子・光子等が同様粒子や原子・分子に近接し互いに作用し合った後遠ざかる現象。ふつう衝突の前後で粒子の進行方向が変化する。衝突の前後で運動エネルギーの和が変化しない場合を弾性衝突,変化する場合を非弾性衝突という。後者では入射した粒子の運動エネルギーの一部が衝突された粒子に与えられ,原子や分子が励起状態に移ったり,核反応が起こったり,新粒子が放出されたりする。衝突の起こる確率を断面積といい単位バーンで表される。
→関連項目運動量保存の法則粒子線

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android