コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーン バーン barn

翻訳|barn

8件 の用語解説(バーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーン
バーン
barn

原子核物理学において散乱または反応の確率を表わす有効断面積の単位。記号はb。 1bは 10-28m2 。原子核の半径は 10-14m 程度であるから,1bは原子核幾何学的断面積程度である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バーン(〈ドイツ〉Bahn)

道。道路。「アイスバーン

バーン(barn)

原子核素粒子の衝突実験で、衝突の確率を表すのに用いる標的の面積の単位。1バーンは10-28平方メートル。記号b

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

バーン

原子核や素粒子の衝突の確率を表す衝突断面積の単位。記号b。物体の単位面積に直角に単位時間当り1個の割合で粒子を入射させたとき,単位時間に起こる衝突の数を全断面積といい,衝突により散乱された粒子が特定方向の単位立体角内に単位時間に出てくる数を微分断面積という。
→関連項目核反応

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

バーン【barn】

粒子が標的の原子核などに衝突する確率の大きさを示す衝突断面積の単位で,記号b。原子核物理学などにおいて使われる用語。断面積は,入射する粒子に対する標的の有効な大きさを面積の次元(m2)で表したものであるから,バーンは面積の次元をもっている。一方,原子核の半径は10-14m程度であるから,その仮想的な幾何学的断面積は10-28m2程度である。これらのことから,便宜上,1b=10-28m2と定められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

バーン【barn】

原子核または素粒子の衝突実験で、衝突の確率の大きさを示す断面積の単位。10-28m2 記号 b  

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単位名がわかる辞典の解説

バーン【barn】

原子核や素粒子などの衝突の確率を表す断面積の単位。記号は「b」。1bは10-28m2とする。原子核物理学などの分野で用いる。1bはほぼ原子核の断面積に等しい。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バーン
ばーん
barn

原子核物理学において、原子核や素粒子が相互に衝突する場合の、各粒子の衝突確率の断面積の単位。国際単位系(SI)においては「その他の非SI単位」の一つとして採用されている。記号はb。原子核の半径は10-14メートル程度であるから、その断面積は10-28平方メートル程度になる。
  1b=100-28m2
入射原子核が物質中を通過するとき、吸収、分裂、散乱などの原子核過程がおこる。バーンはこの確率の目安となる単位である。この名称は1942年アメリカで初めて用いられた。[小泉袈裟勝・今井秀孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のバーンの言及

【中性子吸収材】より

…このような役割をもつものを中性子吸収材あるいは原子炉の制御材という。中性子の吸収されやすさの程度は,その大きさに比例した断面積(通常,バーンという単位で表される)という概念で表現する。吸収断面積は同一元素であっても中性子のエネルギーレベルによって異なる。…

※「バーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バーンの関連キーワードターゲット核反応散乱断面積分散公式ボース粒子粒子線確率の加法定理原子核人工変換確率の和法則重イオン衝突

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バーンの関連情報