衝羽根空木(読み)ツクバネウツギ

デジタル大辞泉の解説

つくばね‐うつぎ【衝羽根空木】

スイカズラ科の落葉低木。本州以西の山地に自生。枝は赤褐色でつやがあり、葉は卵形で先がとがる。5月ごろ、黄白色の花が咲いたあと、5枚の細長い萼(がく)が果実に残り、羽根突き羽根に似る。こつくばね。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つくばねうつぎ【衝羽根空木】

スイカズラ科の落葉低木。山地に自生。高さ約2メートル。葉は卵形。五月頃、枝端に上端が五裂する筒状鐘形の淡黄白色の花を数個つける。萼片は五個。和名は果実の頂に萼片が残存するさまを衝羽根に見立てたもの。形態に変異が多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android