コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衝羽根空木 ツクバネウツギ

デジタル大辞泉の解説

つくばね‐うつぎ【衝羽根空木】

スイカズラ科の落葉低木。本州以西の山地に自生。枝は赤褐色でつやがあり、葉は卵形で先がとがる。5月ごろ、黄白色の花が咲いたあと、5枚の細長い萼(がく)が果実に残り、羽根突き羽根に似る。こつくばね。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つくばねうつぎ【衝羽根空木】

スイカズラ科の落葉低木。山地に自生。高さ約2メートル。葉は卵形。五月頃、枝端に上端が五裂する筒状鐘形の淡黄白色の花を数個つける。萼片は五個。和名は果実の頂に萼片が残存するさまを衝羽根に見立てたもの。形態に変異が多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

衝羽根空木 (ツクバネウツギ)

学名:Abelia spathulata
植物。スイカズラ科の落葉低木,園芸植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

衝羽根空木の関連キーワード衝羽根和名萼片上端変異

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android