コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表具・表装 ひょうぐひょうそう

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうぐひょうそう【表具・表装】

書蹟や絵画などの鑑賞や保存のため,裂地(きじ)や紙などを補って,掛軸,額,屛風,襖,衝立,巻物,冊子,帖など各種の形式に仕立てることをいう。奈良・平安時代には装潢(そうこう)といい,おもに経巻表装が行われた。鎌倉時代に入ると裱褙(ひようほえ)と呼ばれ,書画装を専門に行う裱褙師が出現し,経巻の表装には経師(きようじ)が当たった。室町時代には,唐絵や禅林墨蹟を唐織(からおり)などを用いて,書院や床の間(当時は押板(おしいた)と称す)における鑑賞用に仕立てられ,書画の選択や表装の演出には同朋衆(どうぼうしゆう)(阿弥派)がこれに当たった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

表具・表装の関連キーワード江戸表具

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android