補助機関(読み)ほじょきかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

補助機関
ほじょきかん

行政機関のうち,行政庁の内部部局の機関として,行政庁の意思または判断の決定および表示を補助する権限をもつもの。国の行政機関では,政務官事務次官局長課長事務官,技官など(国家行政組織法),地方公共団体では,副知事副市町村長会計管理者などをいう(地方自治法)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ほじょきかん【補助機関】

行政官庁の意思決定を補助する機関。各省の副大臣・政務官・事務次官・事務官、委員会の事務局職員、地方公共団体の副知事・助役・出納長・収入役など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほじょ‐きかん ‥キクヮン【補助機関】

〘名〙 行政官庁などに付属し、その意思決定を補助する機関。各省の副大臣・政務官・事務次官及び副知事・助役など。〔地方自治法(1947)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

補助機関の関連情報