補助機関(読み)ほじょきかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

補助機関
ほじょきかん

行政機関のうち,行政庁の内部部局の機関として,行政庁の意思または判断の決定および表示を補助する権限をもつもの。国の行政機関では,政務官事務次官局長課長事務官,技官など(国家行政組織法),地方公共団体では,副知事副市町村長会計管理者などをいう(地方自治法)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ほじょきかん【補助機関】

行政官庁の意思決定を補助する機関。各省の副大臣・政務官・事務次官・事務官、委員会の事務局職員、地方公共団体の副知事・助役・出納長・収入役など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

補助機関の関連情報