裸の王様(読み)ハダカノオウサマ

デジタル大辞泉の解説

はだかのおうさま〔はだかのワウさま〕【裸の王様】


《原題、〈デンマーク〉Keiserens nye Klaederアンデルセンが1837年に発表した童話。原題は「皇帝の新衣装」の意。衣装にうつつをぬかす王が仕立屋を装った詐欺師(さぎし)にだまされ、下着姿で町を練り歩く。
開高健の短編小説。昭和32年(1957)発表。同年、第38回芥川賞受賞。
高い地位にあって周囲からの批判や反対を受け入れないために、真実が見えなくなっている人のたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はだかのおうさま【裸の王様】

〔アンデルセン童話の題名から〕
直言ちよくげんする人がいないために、自分に都合のいいことだけを信じ、真実を見誤っている高位の人を揶揄する表現。 「理事長は今や-だ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

裸の王様
はだかのおうさま
Keiserens nye Klaeder

アンデルセンの童話。1837年作。原題は『皇帝の新衣裳(いしょう)』。14世紀スペインのドン・マヌエルの『ルカノール伯』中の一挿話の翻案で、おしゃれ好きの王様が旅の裁縫師のペテンにかかるという大筋もそれによっているが、二つの点で原作を改めている。一つは、ペテン師たちが織っている布は姦通(かんつう)から生まれた者には見えないというのを、自分のついている地位にふさわしいだけの才能をもたない者には見えないとしたこと、もう一つは、王様は裸だと指摘するのが、もとは馬丁だったのを、いわば「天の声」である子供の口から叫ばせたこと。これによって、ただ奇異なだけの原作が社会批判を潜めた不朽の童話の名作となった。[山室 静]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

裸の王様の関連情報