コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西向 にしむかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西向
にしむかい

和歌山県南部,串本町中部の旧町域。 1956年古座町と,2005年には串本町と合体。古座川河口西岸に位置し,対岸の古座とともに熊野街道の渡津,上流域で産する木材の集散地,熊野灘捕鯨の中心地として栄えた。製材業が行なわれるが,近年は流域の商業中心地で住宅地化が進んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西向
にしむかい

和歌山県南部、東牟婁(ひがしむろ)郡串本(くしもと)町の一地区。旧西向町。古座(こざ)川河口西岸に位置し、東岸の古座地区に相対する。JR紀勢本線古座駅、町役場古座分庁舎などがある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

西向の関連キーワードキモトリプシン岡山県の要覧劉邦平成の大合併劉邦岡山(県)高祖馬王堆漢墓マラソンレース交う

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西向の関連情報