コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西向 にしむかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西向
にしむかい

和歌山県南部,串本町中部の旧町域。 1956年古座町と,2005年には串本町と合体。古座川河口西岸に位置し,対岸の古座とともに熊野街道渡津,上流域で産する木材の集散地,熊野灘捕鯨の中心地として栄えた。製材業が行なわれるが,近年は流域の商業中心地で住宅地化が進んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西向
にしむかい

和歌山県南部、東牟婁(ひがしむろ)郡串本(くしもと)町の一地区。旧西向町。古座(こざ)川河口西岸に位置し、東岸の古座地区に相対する。JR紀勢本線古座駅、町役場古座分庁舎などがある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

西向の関連キーワード計器着陸装置(ILS)オーロラジェット電流オフネット遺跡スカゲラク海峡合馬のタケノコ亜熱帯収束線日本山村硝子御前崎(岬)トゥルム遺跡二四六九士古座[町]静観房好阿中野 久子真範比丘尼赤道環電流赤道潜流伊那盆地西山古墳山村倉庫右近の陣

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西向の関連情報