コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西本幸雄 ニシモトユキオ

デジタル大辞泉の解説

にしもと‐ゆきお〔‐ゆきを〕【西本幸雄】

[1920~2011]プロ野球選手・監督和歌山の生まれ。都市対抗野球で活躍後、昭和25年(1950)毎日(千葉ロッテ前身)に入団。引退後、同球団の監督となり、リーグ優勝。のち阪急・近鉄(ともにオリックスの前身)の監督を歴任し、計8度のリーグ優勝を果たしたが日本一にはなれず、「悲運の名将」といわれた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

西本幸雄【にしもとゆきお】

プロ野球選手,監督。和歌山県出身。旧制県立和歌山中学(現和歌山県立桐蔭高校)4年生で初めて野球部に入部。1938年立教大学に入学,監督不在のために監督も務めたといわれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西本幸雄 にしもと-ゆきお

1920-2011 昭和時代後期のプロ野球選手,監督。
大正9年4月25日生まれ。昭和24年都市対抗で別府星野組の監督兼一塁手として優勝。翌年毎日に入団。35年大毎監督となり,リーグ優勝。38-48年阪急監督(リーグ優勝5回),49-56年近鉄監督(リーグ優勝2回)。1度も日本一になれず,「悲運の名将」といわれた。63年野球殿堂入り。平成23年11月25日死去。91歳。和歌山県出身。立大卒。和歌山県出身。立大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

西本幸雄の関連キーワードオリックスバファローズ大阪近鉄バファローズ野球殿堂博物館芥田 武夫社会人野球米田哲也マニエル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西本幸雄の関連情報