コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

存知 ゾンジ

デジタル大辞泉の解説

ぞん‐じ〔‐ヂ〕【存知】

ぞんち(存知)

ぞん‐ち【存知】

《「ぞんじ」とも》
よく知っていること。理解していること。
「今は礼儀を―してこそふるまふべきに」〈平家・一〉
覚悟していること。
「後日の訴訟を―して」〈平家・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞんじ【存知】

ぞんち【存知】

( 名 ) スル
〔「ぞんぢ」とも〕
知っていること。心得ていること。承知。覚悟。 「後日の訴訟を-して、木刀を帯しける用意のほどこそ神妙なれ/平家 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

存知の関連キーワード存・孫・尊・忖・損・村・樽・蹲・遜御存じ・御存知ウィトリンガーギャオス内藤水川 八重子水川八重子存じ・存知西川かずこ御成敗式目長谷川洋子小林祥子伊丹万作岡鬼太郎宮内恒雄足元踏元御本尊早雲寺厳い事若松力熊手性

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

存知の関連情報