存知(読み)ぞんち

精選版 日本国語大辞典「存知」の解説

ぞん‐ち【存知】

〙 (「ぞんぢ」とも)
① 存在を知っていること。知って理解していること。
吾妻鏡‐文治三年(1187)一〇月三日「為御存、所申候也」
平家(13C前)一「既に十二三にならむずる者が、今は礼儀を存知してこそふるまうべきに」
② 心得て覚悟していること。
※平家(13C前)一「後日の訴訟を存知して、木刀を帯しける用意のほどこそ神妙なれ」
[語誌](1)「存知」を「存じ」の当て字と見る説もあるが、「平家物語」など中世文献に「存知して」とあるように「存知」のサ変動詞として用いた例が多く見られるところから、「存知」と「存じ」とはもとは別語であったと考えるべきであろう。
(2)「存知」は和製漢語と思われ、発音は「文明本節用集」などの古辞書類に記されているようにゾンチと第三音節が清音であった。それが中世後期には、連濁現象の流行によって、ゾンヂに変化した。「存じ」とは別語であったが、中世末期に生じた四つ仮名の混同によって同音となり、次第に混同して使われるようになった。

ぞん‐じ ‥ヂ【存知】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「存知」の解説

ぞん‐ち【存知】

《「ぞんじ」とも》
よく知っていること。理解していること。
「今は礼儀を―してこそふるまふべきに」〈平家・一〉
覚悟していること。
「後日の訴訟を―して」〈平家・一〉
[類語]承知聞知ぶんち合点がてん了解了知自覚認識物分かり聞き分けわきまえわきまえる分別ふんべつ分かり分かる理解知る把握飲み込み学ぶ納得早分かり早飲み込み早合点話せる

ぞん‐じ〔‐ヂ〕【存知】

ぞんち(存知)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android