コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 カク

5件 の用語解説(覚の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かく【覚】

仏語。
対象を覚知するもの。心。心所(しんじょ)。
心が妄念を離れている状態。
涅槃(ねはん)の理を悟ったうえでの智慧。菩提(ぼだい)。
仏陀(ぶっだ)。覚者。

かく【覚〔覺〕】[漢字項目]

[音]カク(呉)(漢) [訓]おぼえる さます さめる さとる
学習漢字]4年
外から来るものに触れて意識が起こる。意識。「感覚幻覚錯覚視覚触覚知覚聴覚味覚
今までわからなかった道理や意味に気づく。さとる。「覚悟才覚自覚正覚(しょうがく)先覚直覚不覚
人に気づかれる。「発覚
眠りから目ざめる。「覚醒(かくせい)
[名のり]あき・あきら・さだ・さと・さとし・ただ・ただし・よし
[難読]覚束(おぼつか)ない

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

覚(さとり)

日本の妖怪。山中に住み、人の心を見透かすことができるとされる。山神の化身との説もある。全国各地に類似の伝承がある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おぼえ【覚】

文書の一様式。備忘のために記したものはすべて覚・覚書であるが,狭義には,使者または当事者が,相手への要件を表だたずに備要に記せば〈口上覚〉であり,文書にして手渡せば口上書となる。請渡しの品・用件などが簡単であれば覚を必要としないが,数多くあれば個条書き(一つ書)にして,遺漏のないように配慮され,本人が記して託することになる。こうなると,目録のように列挙され,〈已上〉で結ばれ,月日,差出し,充所が具備され,書状形式となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かく【覚】

〘仏〙
悟り。仏の智慧。菩提ぼだい
ブッダ。仏。悟った者。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【サーンキヤ学派】より

…その変容を〈開展(パリナーマpariṇāma)〉という。その結果まず根源的思惟機能ブッディbuddhi(〈覚〉)またはマハットmahat(〈大〉)が現れる。これは確認作用を本質とし,同じく三つの構成要素からなり,身体内部の一つの器官である。…

※「覚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

覚の関連キーワード聞書外題安堵宣旨裏文書史臣笏紙借券証状備忘効能書

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

覚の関連情報