コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

計器用変成器 けいきようへんせいきinstrument transformer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

計器用変成器
けいきようへんせいき
instrument transformer

電圧,大電流の計測などで,計器または継電器と電気回路との間に挿入して,計測しやすくするための変成器 (変圧器) 。電流測定用を計器用変流器 CT,電圧測定用を計器用変圧器 PTという。計器用としては変成器の電圧あるいは電流の変成比の精度が使用範囲にわたって高いことが必要である。また CTと PTを組合せて電力を測定する場合には,一次側と二次側の電圧,電流の位相のずれの少いことが必要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

計器用変成器
けいきようへんせいき

電気計器の測定範囲の拡大を目的とする変成器。変成器とは変圧器、変流器などを区別しないときに使われる用語で、この場合も計器用変流器と計器用変圧器とをあわせていう。交流回路で用いられるが、測ろうとする回路と計器の回路とを、計器用変成器によって電気的に完全に絶縁できるので、送配電線路のような高電圧・大電力回路では、計器を電線路から絶縁して、取扱者の安全を保つ目的でも使用される。
 動作原理は電力用変圧器とまったく同じであるが、使用目的の違いから構造は著しく異なる。電力用変圧器では絶縁のほか、出力および冷却が問題になる。計器用変成器では絶縁に細心の注意を要するのは当然であるが、さらに一次・二次間の変成比を正しくすることも重要となる。
 直流では測定範囲の拡大に普通、分流器、倍率器などが用いられるが、電気鉄道や化学工場などのようにキロアンペア以上の大電力回路になると、絶縁や出力の関係から、半導体のホール効果を利用したホール素子型や可飽和リアクトルを、単独または回路と組み合わせた磁気増幅器型などの直流計器用変成器も用いられる。[高尾利治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

計器用変成器の関連キーワード大崎電気工業保護継電方式キロアンペア断路器

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android